スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :

【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第十章 『ミクの唄 やる夫の道(下)』

752 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:17:34 ID:Xft212JQ [2/92]


何とか完成したので最終回投下します。


.

753 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:18:25 ID:Xft212JQ [3/92]


┏━━━━━━┓
┃司会会場    ┃
┗━━━━━━┛




                   /^ 〉
                   /:{_/ {{           _, 、__
                . . -/: : :/⌒Y}: ̄: : : ‐-ミ_,ノ⌒Y__乂
.             /: : : /: : :/ __ノ″: : : : : : : : :`: : :/}}/
          . : : /⌒Y :_:´: : : : : : : : : : : : : : : : : .:\{
         /__{   ノ   }: .: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : :.
        ,{     o _,ノ : : / : : : : : : : : : |: .: : :|.: : : : :.
      : : ーァ   } ⌒ヽ : /:.: :.: .:/: : : : :/|.: : : :|.: : .: : :
       i.: : :{__人__ノ:′.: : :/: : : : :/' |: : .: :|{: : i : :|
       |: : : : :/}ト .: : .: : .:i : : : /: : : : :/ ,: .: : .:八: :|: : |
       |: : : ://: | }: : : : : :|.: .:,.斗: : : /‐ /: : : :/‐-Ⅵ:_:」         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       |: : : { {: .:| |: : : : : :|__:/ L.:/   ー一'     |:|          |   遂に最終回じゃ
      |: : : | | : | |: : : : : :| xf竓芋ミメ    xf竓汽!          乂________ ノ
.        |.:.: .:| | : | |: : : : : :| 弋う:ン         ヒぅソ .:|
.       |: : .:| | : | |: : : : : :|                 : :|
.      | : : | | : | |: : : : : :|             ′  l{:|
.      | : : | | : | |: : : : : :|              八     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        : : : L| : L|: : : : : :ト、   v――   ァ   .イ: ′    . |   まぁーなんじゃ、予定調和的な終わり方だが
      ,: : .: : .: .: :|: : : : : :| >   ー―   /:.:|:′    ...|   最後まで楽しんで見て欲しい
.      /.: : : .: : : .:}|.: : .: : .:|      >  _ イ: : : :|:      .乂____________________ ノ
     /: : : : : : : : 八: .: : .: :|       l: : : : : : :|: .: : :|
.    /: : : : : -‐… ゚。: : : .:|      ⌒ト  : : |: : : :l|
   /: : : :/       \.: .:|______|゚。  ̄|: .: :八
.  /: : : :/            '.: :|乂乂乂乂冫  ,.: .:/   ,
  /.: .: .:/             i: :|⌒⌒⌒⌒  i  .: :/   ,
. /.: .: .:/      ',     |: :|          | i: :′   ,
/.: .: .:/         i    |: :|          | |: |     ,



.
関連記事
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第十章 『ミクの唄 やる夫の道(上)』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 【目次】

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-12-07 : 【完結】【R-15】ミクの唄 やる夫の道 : コメント : 7 : トラックバック : 0 :

【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第十章 『ミクの唄 やる夫の道(上)』

647 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/11/30(金) 22:50:55 ID:7owFN3fc
ミクとやる夫はいいとしても(本当は良くないんだろうが)、その子供まで勝手に結婚決めていいのかな
ありがちな展開としては、兄が無理やり結婚させるならミクが魔物を暴れさせると言わせておいて、子供も嫌がらず問題起きませんで済ましちゃいそうだがw




648 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/12/01(土) 22:07:35 ID:BeUD4fk2 [1/99]

>>647 子供まで勝手に結婚決めていいのかな


┏━━━━━┓
┃小ネタ  .....┃
┗━━━━━┛

       /ヽ    _,
      /∧:}_ /イ}
    ,ィ : ^^: : : :^ヾV
   /: : : : : : : : : : :ハ
   !: : :/: /{:ノリ^j ノl: |     では小ネタを一つ
   |: : :|: :| ○  ○Ⅳ
    |: : :|: :|  ー イ:|      『自分の子供の結婚が強制されたら』
    j: :./    ,丿)j/
    /     ┌─┐      という質問じゃな
   |´  丶 ヽ{ .茶 }ヽ
    r    ヽ、__)ニ(_丿     取り敢えず本人に訊いてみるかのぉ
    ヽ、___   ヽ ヽ
    と____ノ_ノ







        ,ィ、    ,ィ、          __, --、__
          /:ヘ:l   //i:l      rー'´ ̄      `ー'⌒`ー-‐-ヘ
    丶 ,.厶-'┴―'く,_}:{       ) オフヒ ひゅへ モグ…    }
    _` /: :/: : i :ハ: : :i: `:ヽ   〈  まふめフォ gkru #&[フジコ 〈
     {__ムレ:ハ{、}i_,:.{、:.:.:|    }                  ノ
      |:ノ○   ○┬:ト{:|  _ノ‐´⌒ー'´`ヽ./⌒`ー'´ ̄`¨¨´
   (`ヽ{''' 。ー'ーr' '' }.:.{:.: !
    `くl`┬`竺r‐j-イ:..|:.:.{              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    {.   |..:.トィ{ー'__}く.} :j:.:.:ヽ ト、          ┃                            ....┃
      ヽl{/バ:..廴_,||:ハ:.:.:.|_ノz,|          ┃訳:子供の結婚を強要されたらどうする?    ┃
         |/  辷::ノ|::.....:\j:.:.: ノ          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         |!======'ヘ::..........}:/







                __,,_,, -: ´ : ̄: ̄:`:-,, -.、
                 ト >´: : : : : :  ̄ヽ/,イヾ、
                //: : : : /|: : : : : : : `, ヽ|: : ヽ
              //: : : : / |: :ト、_: : ::'.ヾ|: : : `、
             /: : iイ: イ7 _ ',;:|´ヽ_`: !`i:i: : : f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           /: : : : !ヘ: ::|イ:::ヽ  ´i:::::::ト、V/| : : |   娘の結婚ですか?
          /: : : : : :/ \!. っノ   っノi:/ノ i: : 乂_________ ノ
        /: : : : : : :/   N⊃,,__r‐-,_⊂/´'  |: : : : : :',
        /: : : : : : : :,'        ,77rヘ     | : : : : : :',
         /: : : : : : : ::,'      ∠/7レ´',    |: : : : :f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        ,'/: : : : : : : :|     ,,,t;´/ /= | ̄',    |: : : : :|   もちろん自由意志に任せますよ
      ,'ハ: : : : : : : ::i   /::::/  ./  i:::::::',  ,': : : : : 乂_______________ ノ
      レ |: : : : : : : :|    {:::/   /   .|::: r-ヽ/: : : : : : : : : |
        '; : : : : : : :|   y    ,'ヘ   |:::::|:::ヽ》:/: : : : : : : :|
        `、: : : : : :|   ',   ノ/::\_,,|::::::彡´/ |: : : : : : ::/
         \: : : : ',   ヽ/`'ト,,__|__ゞ<))/. ',: : : : : :/
           `ヽ: : }       `、::::i:::::| `´     `、: : : ,'
               ヽ/         `,:|:::::|       \: :`、_,,ノ)
                       |:::::|        ` ー-´
                       |__,'






.
関連記事
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第十章 『ミクの唄 やる夫の道(下)』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第九章 『とある王宮の一日』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 【目次】

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-12-07 : 【完結】【R-15】ミクの唄 やる夫の道 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第九章 『とある王宮の一日』

521 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:07:09 ID:wdEsVTPQ [3/114]


┏━━━━━━┓
┃司会会場    ┃
┗━━━━━━┛


                              _ . -─‐_‐_‐_ァ
                            . ´   . '´  /
                       _ .. イ    ,.ィ:::;;   /
                       . ´     .ィ'´  ̄ ̄ ̄ ヽ
                       ∠.............___ /    / ,      \
                   /      /     / 〃      `ー─一 ァ
                    .′      /     /イ!i! /i!   !  ヽ. /
                 /      /     /レ |i!| / |   i    V
                  .′   /   .′  / /, _ニ!ハメ、 イ / 〃,′   !
                 ′   /   !   i!  !ィrぅf癶X!j/j///i!    !
                   ′   /    j!   !  i! ゝV     '´メi|   !
              /    ′  / i!   i  i!        .'ァテX/j/ ! ′
              .      ′  / i!   i  i!     :::: !ぅ’ //j/レ′
                //   j/  .′ i!  |i¦      ´  イ′
               /     /  /  /i!   :! | |  ヽ__ ァ  .イ .′    さて、九章はエプマでの
            ′    .′ .′〃イ   :||!      .イ: | |
              ′    /  / /∠_ヽ_::||!` ー ´|::::::|:: | |      騒動から一週間後じゃな
             /     /     /       `ヽ!     |::::::|:: | |
           ′    .′    /   /     '    |::::::|:: | |
         .′  ! /     /   .′      !   !::::::  |
        ′   ,/     イ             |   |:::: :   |
        ′   /    /! |           |   |::::|:   |
       /     ′    /::||   !      |   |::::|:   |
       .′    ′     !:: ||   ヽ        ト、  i!:: !:   !
       | ! |   |    |::|| 、   \    |: !   i!:::|:  !
       | ! |   |    |::|| ト、    \   !::|   i!:::|!: |
       | ! |   |    |::|| | \    \ j! |   i!:::|!: |
       | ! |   |    |::|| |   ヽ    \|   i!:::|!: |



.

522 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:08:07 ID:wdEsVTPQ [4/114]



  _        '.; \: : : : : : : : : : : :`゙'''‐、
Σ  ;` ̄''''ー - 、/ '‐- 、,\: : : : : : : : : : : : : :ヽ
  \゙、: : : :/: : : `ヽ: : : : : :`゙'''‐、: : : : : : : : : : :゙、
    '.;ヽ:': : /: : : : :i ヘ: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : ゙
     /: : ,': : : :i: :',i: ::゙,゙i: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : :゙!
    ./: : : i: : : i: :i: :i i゙、゙、゙、: : : : : : : : : ゙、: :i : : : : : l     物語は終局へと動き出す
    .,': : : : i: i: :i : :iヽii: :゙、゙、.゙、: : ゙i: : : : : :゙i : i: : : : : :i
    i: i: : : :i从: :iヽヽリヽ ゙iヽi i: : .:i: : : : : : i: :i: : : : : :i    王宮へミクを送り届けたやる夫に
    |: i: i: iλ从 七ヘ,ャヌ丁ズi゙!: : .i: : : : : : i: ヘ: : : : : i
    .i: i゙!゙!ヽi iヽヽ` イ弋 ッ'  ゙!: : i: : : : : : i: :ヘ: : : :i: i   振りかかる受難とは
    i:i ゙!゙!: \i\   '`     ゙!: : i: : : : : :.i、:ヘ: : : i: :i
     ゙!i  i: : : : i         ゙!: : i: : : : : :.i:ヽ:ヽ: :ヘ: ヘ   
     ヽ  i: : ,/          i: : i: : : : : : iヽ:ヽ: :ヽヘ: ヘ
        i: : \  ,,. -ツi    i: : i: : : : : : i: :ヽ:ヽ: :ヽヘ:ヘ
         i: : : :iヽ ヽ_ノ     l: : i: : : : : : i、: : ,-" ̄ ̄`ヽ、
         .i: : : i / \   ,. 'ヽ:i: :.i: : : : : : i`/       ゙、
         .i: : : i,,_ヽ `マ'´i ゙! ゙!:i: :i: : : : : :i /         i





                       ハヽ.                 /.' {
                   / '´ヘ \  ,.. -― -‐-  .._   //、 ',
                   ,'   ヽ '´ : : : : : : : : : : : : : : `:'´/  i, i
                     丨  , . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :^ヽ   |
                   l,. : : / : : : : i : : i: : : : : : : : : : : : : : : : 、  ;j
                  /: : :i′: i: : : : !: : :l: : : : l: : : : :i: : : : ヽ: : :ヽ ,ハ
                 ,: : : :i: : : | : : :¦: : l: : : : :!: : : :|: :|: : :l: : : : i: :.:',
                   i: : : :l: : : l : : : i| : : il: : : : |: : : : :!: : :!: : l: : : : l: i: i
                      i : : : l: :_;.∟:.L」l: : :i |: : : : !: : : : |: : :|: :i:|: : : : |: l: :i
                  l : : : |'´:/|: : :!/ |: : | !: : : :|i´ ̄下:¬:、i|: : : :|: :¦     第九章 『とある王宮の一日』
                    l: : : : !ァ''テ示ミ、、! : !  ト、: ;ハ_;.:⊥∟L: :i: : : : :! :. i i
                |: : !:.イ{ i:{ t.:ハ:iヽ ┘   ´ァ7ス.だ:ハ ヾ;_!: : : : l: :. l:.|     投下するぞ
                  |: :.i .:リ  ぃ辷ッリ        {:{. し' }リ  }f:i: : !:|:.: ! l
                    |: :,レく ,,,,,, `-'´   j      ヾ辷ッ  _」j: :,: :!l:. :..i: |
                 /、 ,、ヽ         〈        '''''' i'´ , 、∨: :!|:.!:.:.!:.l
                  r'´⌒ヽヽ〉┘   ___              l/,.ヘヽ: :!|:.i:.:.:i:.l
              | 7´,ィ' /'、    ∨ニ辷_ ̄¨_二マ    ヽ〈 r'´ヽ:l:!:.l:.i:.l:.|
                 l  `i└ク l> .._       - ̄      _,.イヘ} } V:.:.!:.l:.l:.l
              l   ∨   |「"´{ム> 、        _,..  爪}  ヽ冫′ 广¨゙ハ:.:.|
            ,.-┤    !  j |::::::!::{:::::ぃ` ー '"´   /::/   /   /_ : /:ハ:.l
           ノ: : !    ノ   ,':.:l::::::∨こハ、 ',     /_八. /    ム :V ; : : ',:|
          r‐': i: : :',  ' , イ;i:.:.:!:::::::}ヘ__ ヽヽ} ,.-‐/r‐‐:ヘ{   _ノ/: : ヽ:._ : : 、



.
関連記事
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第十章 『ミクの唄 やる夫の道(上)』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第八章(下) 『遠き日々、夢想う夜Ⅰ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 【目次】

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-11-22 : 【完結】【R-15】ミクの唄 やる夫の道 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第八章(下) 『遠き日々、夢想う夜Ⅰ』

293 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:01:00 ID:Prt2EpcU [3/223]




┏━━━━━━┓
┃司会会場    ┃
┗━━━━━━┛


         |,ヾ        /゙}i
          | | 'y'彡``‐t //  }}
 ,. '´ ̄`ヽ  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝゝ
/    ノ   Y.:/.:/.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ヽ,
|    ~    l/.:.:l.:.:.:l  / ハ  l l..:.:.:ゝ.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
ヽ.     ノl.:.:.:レA.-ル' |ト、ト、]].:.:.:ヽ.:|   久しぶりの本編投下キタ━(゚∀゚)━!
  `ー-r‐l^>|.:.:.:ト、l V     ヽNヽ.:.:.:ト乂________________ ノ
     |7'´ ,ハ. レ==、    r==、|.:.:.:.:l).:.:l /⌒ゞ))
    / 丿ゞ ,'⊂⊃ ┌─‐ャ ⊂⊃.:.:l ,ハk ァ/ハ
    \ ゝ ||.:.:|ゝ、 j、  j _ ィ.:.:.:.:,ハイ.  Y   \ll
      ヽ ||.:.:|/Yレ'\`/フ 〉 ,.ヘ  ノ  lヽ  \
       ヽ||.:.:|l   ∨。∨    '´ヽレ'ハ.|ヽ .: ヽl:ヽ ヘ
        ||.:.:|!        ヽレ ソ .: .:´V.: .: .: .: .:  |




      |\       |\
      l lヽ`-‐ '´ ̄ `ヾゝヽ      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        シ~ /" `ヽ ヽ  `、l      |   っとコレぐらい言わないと忘れられそうじゃからな
     //, '///|! !∥ ヽハ 、_ヽ     乂______________________ ノ
     〃 {_{ノ 」」 L|lトl_ リ l │ |ヽ
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| l   ほろーん
      ヽ|l ●   ●  |  |ノハ '
      |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j.  | !ヽ
      | /⌒l,、 __, イァト | //ハ      ___
.      | /  /ヾ、 / ,/  ヽ/ハ !    , ',´;.;.,r´
      |lTTTl l丶× / ヒ....;彡, ∨,、,. '";.;.;.;.ソ




                 ,、
            {{\ _{{ \_
                〉'^: : : : :`''^: :\
             / : : : : : : : :ヽ : : :'         本日は一回だけじゃ
         _人__ イ:/ :/|∧ :八, |: :|: :|
.          `Y´ l/L」○ |/ ○7: :|: :|   `ヽ     が本編中に安価もあるぞ
          、   /: '从"n{ヽ //: |:.リ  ) ノ
          ー' /:/:c孑ァ')ア:∠|: :|/          若干じゃが八章のシナリオを変わるし
           /イ: :l/c'_}〕⌒'´  }|: :|〉
            |: /}: : : :ア≧≦厶イ<}\       九章以降にも影響があるゾ
            |/厶イ/¨¨¨アハ ∧ー'´ : }
               /   く_/} 〉 ト、_:_ノ       更に終了後に九章以降の安価(投票)ジャ
           (             〉
           (> ,,____,,,xく
                       `ー┘



.
関連記事
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第九章 『とある王宮の一日』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第八章(下) 『遠き日々、夢想う夜Ⅰ』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 最終幕 『王室醜聞禄 ~受け継がれる伝説』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 第伍幕 『家族のカタチ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 安価・没ネタ・偽予告シリーズ
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第八章(上) 『遠き日々、夢想う夜Ⅰ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第七章 『 花幻想 』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第六章(下) 『祭りのはじまり Ⅲ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第六章(中) 『祭りのはじまり Ⅱ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第六章(上) 『祭りのはじまり Ⅰ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 外伝 『兄姉弟たち』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第五章 『道半ば』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第四章 (下)  『裏切りと報復』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 第四幕 『偽りの楽園』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第四章 (上)  『大魔王からは逃げられない』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第三章 (下) 『水面の記憶』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 第三幕 『蒼の化石』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 安価投票(2)
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第三章 (中) 『這い寄る混沌2』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第三章 (上) 『這い寄る混沌』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 第ニ幕 夢の雫 男の居場所
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 安価投票
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 第一幕 夢の雫 乙女の願い
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第ニ章 『月下に響くミクの唄』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第一章 『華麗なる王家の人々』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 序章 『未知との遭遇』

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-11-18 : 【完結】【R-15】ミクの唄 やる夫の道 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

オマケ劇場 外道士やる夫 最終幕 『王室醜聞禄 ~受け継がれる伝説』

205 名前: ◆I0Y2ADiHxg[] 投稿日:2012/11/13(火) 00:01:14 ID:m.Ju0ieQ [2/62]



┏━━━━━━┓
┃司会会場    ┃
┗━━━━━━┛



/  \/ 〃 ,   〃 // /|       |   ヽ ∨ |
 ̄下、| / |/| / | /|/  | ,| |   |     | , -―ァ
    |′  `∨ーjノ--/   //| | ,ハ  |-‐  ̄|/__/
 |  |ー\          /ヘノ厶ハ/-j/|イ ̄ ̄`7\ |
 ヽ  、   丶、_‐        _      | ̄\_∧  \
  |\ \             , ´下うミX、/    | f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
、  \  ̄          、_ 弋ー_ソ/  / 、||   今回でオマケのシリーズを終わりです
ヽヽ--ヽ       、       ̄ _/   イ || 乂__________________ ノ
  |、                 `ヽニ -‐</ _ イ_ ヽ !
  | ヽ        ‐~           /フ ̄|ヽ ヽ ̄ l
  |   \             _,.  -―' ┘ ,ノ |\ \  !
  |\/ハ丶、_     /         -ヘ. \ \l
  |._/ | |     ̄ ,二フ         ー T′   `ヽヽ
  | |、  ̄\   //|  ヽ、___,ノヽ- ′    ||
  | ヽ` ー 、 Y /   ヽ   / / |           ヽ|
l |  \ | ||    |___/ /  |          \



                 ,. -─‐- ._
               , '´   _zr '´  ̄ `ヽ、
              / ,. '´ ̄    、ー- ..__\
            / /     /ヽ._ノ    ` ヽ.
              l  l    /     、 \  ヽ Y7
              |  L - '´i l ト、ト、、 `ト}、.ィ、 i-iく.
         「`ヽ!._ l_,.イ l i l i ト l| ヽヽレ',.ニ | N├′
         _二ニlァヒ..l l ハ __l__ヽ  ィiト} }jノ lト、
         \_ァ'´ l  ヽハT´  `   `゙-' j ノ丁ヽ  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         _/  /」  弋 ''´ ̄`    ' ,〃l リ   |   取り敢えず最終回スタート
       _/ //  !ハ  _>,‐、  r__フ /l ハ    |  
      /  /,../..__r‐- ヽ ト-/ lー r-r ´\l  ヽ   乂____________ ノ
.    //  /ゝ、   ̄`¬--{  ト.Yノ|    ヽ   ヽ
  ////  ///:(`7ーr .._      {{i-i}-l、   _/l   i、ヽ
 / 〃/  〃/-‐,/ .::{  `¬ー く.ヾソ  レ/ V }  l i}
   {l l  li::ヽ/j .:::::{ ー-- ...__r_j_,ノ__/ 人  | ソ
   ヽ |__{{:::::::Vl ::::::::ゝー-- ‐ェ‐'´:::::/ヽ-- ' //\l__
      _>‐ァ‐l :::::::::::`ー-_'/:::::::::,/_ム-- '     \
    /   /!  ヽ.:::::::_//:::::::::::::八 ̄ ̄\         }マニ、
   /    { ヽ    ̄\/:::::::::::::/ /\    \     //ニr'’



.
関連記事
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第八章(下) 『遠き日々、夢想う夜Ⅰ』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 最終幕 『王室醜聞禄 ~受け継がれる伝説』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 第伍幕 『家族のカタチ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 安価・没ネタ・偽予告シリーズ
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第八章(上) 『遠き日々、夢想う夜Ⅰ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第七章 『 花幻想 』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第六章(下) 『祭りのはじまり Ⅲ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第六章(中) 『祭りのはじまり Ⅱ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第六章(上) 『祭りのはじまり Ⅰ』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 外伝 『兄姉弟たち』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第五章 『道半ば』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第四章 (下)  『裏切りと報復』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 第四幕 『偽りの楽園』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第四章 (上)  『大魔王からは逃げられない』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第三章 (下) 『水面の記憶』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 オマケ劇場 外道士やる夫 第三幕 『蒼の化石』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 安価投票(2)
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第三章 (中) 『這い寄る混沌2』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第三章 (上) 『這い寄る混沌』
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 第ニ幕 夢の雫 男の居場所
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 安価投票
       ・オマケ劇場 外道士やる夫 第一幕 夢の雫 乙女の願い
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第ニ章 『月下に響くミクの唄』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 第一章 『華麗なる王家の人々』
       ・【R-15】ミクの唄 やる夫の道 序章 『未知との遭遇』

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-11-15 : 【完結】【R-15】ミクの唄 やる夫の道 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

アクセスカウンター

最新記事

スポンサードリンク

Twitter

Lc.ツリーカテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やる夫劇団 のフィードメーター

フィードメーター - やる夫劇団
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。