スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :

適当に日本の民話、伝説 第二十七話


81 名前: ◆HS7JlR1R2s[] 投稿日:2013/01/23(水) 23:36:46 ID:fJBYF6L60 [1/64]




           【五色の亀】




  

82 名前: ◆HS7JlR1R2s[] 投稿日:2013/01/23(水) 23:38:44 ID:fJBYF6L60 [2/64]




  /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|    
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人     知っているか?桃太郎は神様として祀られている。
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \






           ,.ィ≦//////////////≧x、
           ,.イ//////////////////////心、
         ,ィi///////////////////////////ハ
       //////////////////////////////}}
     /´  ̄ `\////,ィ斧三三三三ミ刈//////´ ̄`ヽ
    ,/ /"'|///\`f^Yj´          `fY^)/´ ̄`ヽ ヽ    桃太郎の元ネタと言われる吉備津彦も神様として祀られているけどね。
    | |  ,|/////"ゝノ   ト、    ,∧ 、 ヽ/ |     | ,|
    ヽ ヽ マ/     ,∧ ,:|  \ : / ∨ \  |    / /
      ヽヽ,\!     |  、|___,メ `  ト-- | |   / /
       ノノ |     ,|               Vハ  ヽ ヽ
     / / / (`l   ,l  ━━━    ━━ { ヾ、  ヽ ヽ
     ,| |/ l人/_,/`\ /l/    ____ /l/,!'゙ /´,,_`'ヽ |
`───┴‐ ┴─/_ォ‐---'゙ヽ..,,__ r´     }_,. ィ l r Yヘ!  ̄! ヽ──
            L(r_イ_!__,!_」   ̄ ̄ ̄ ̄     `ミ_イ_!__,!_」′




  

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-31 : 適当に日本の民話、伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ザ・キング・オブ・ツンデレ第4話その3

796 名前: ◆577fcG4Y/.[] 投稿日:2013/01/29(火) 21:34:46 ID:lbhuInIk0 [3/76]


           ( ;; ;: )  ⌒ヽ                                           ( . ;.; .; :.: ⌒) ..;.;:⌒):.ノ
      ___ノ  ノ⌒)  .;;:.;.)                                   _____,ノ      ノ⌒) .;. :.:ノ、
:.`)_ _ ̄  ̄  _ _ ___丿                                       ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`     . .. ;: ;.:.:;;`ヽ _:;,)
:.;....)´ ̄ ̄ ̄                              __ノ⌒ーー'⌒ヽ               _ノ        .. . .;: .:; .:_,ノ
: .. =─  -                                ̄ ̄ヽ . :. :;.;;;);.;;ヽ               ̄`ヽ_,ノ ⌒ ̄ ̄´
                          r´`;            `ーー⌒‐-、__`ー、__
一⌒)                         `゙´                    ̄ ̄
::.:、::.`ヽ_
ー' ̄ ̄´
                      ←─────────────‐‐ ‐ ‐  ‐   ‐    ‐



           _________ _ _ _  _   _    _        _    _   _  _ _ _ ___________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

... .. .. . .:.:.:. . .:.  :: .: ...    ... .. . . . . .     .: ....             .. . .: .... .. .. . . :. .: ..    .. .. . .: ..  ... .. .    ... ..::. .. . .. .

.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ...         ..  .:....    ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :... . .:::: .. . .
                                    

. .. ..     . .. ..     . .. ..        .: ....  ... :. .:              . :.: .    .:::.....:. ...      ... :. .:.: :. .  : .: ... . ...


. .  .   ..  .   . .  . . . . ...   . .        .. .   . ..       . . . ..   . .              ....  . .  .. .  .  .


   .. . .   .     :  . .  .. .. ..  .  ..  .    :. . : .  .: .  .. .:.. . . . .. .. ..     :. .     .. . .. .. . .   .     .

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-30 : 『ザ・キング・オブ・ツンデレ』サンダー大王『The King of Thunder』 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

適当に日本の民話、伝説 第二十六話

42 名前: ◆HS7JlR1R2s[sage] 投稿日:2013/01/21(月) 05:04:16 ID:3b0MMdqs0 [2/35]




           【地上へようこそ】




  

43 名前: ◆HS7JlR1R2s[sage] 投稿日:2013/01/21(月) 05:04:43 ID:3b0MMdqs0 [3/35]




  /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|     前回語り忘れていたがヤマトタケルが放った矢は発芽して木になったそうだ。
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人         故にその地を八槻の里という。
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \





           ,.ィ≦//////////////≧x、
           ,.イ//////////////////////心、
         ,ィi///////////////////////////ハ
       //////////////////////////////}}
     /´  ̄ `\////,ィ斧三三三三ミ刈//////´ ̄`ヽ
    ,/ /"'|///\`f^Yj´          `fY^)/´ ̄`ヽ ヽ
    | |  ,|/////"ゝノ   ト、    ,∧ 、 ヽ/ |     | ,|    土蜘蛛は養分か何かなのかしら。
    ヽ ヽ マ/     ,∧ ,:|  \ : / ∨ \  |    / /
      ヽヽ,\!     |  、|___,メ `  ト-- | |   / /
       ノノ |     ,|               Vハ  ヽ ヽ
     / / / (`l   ,l  ━━━    ━━ { ヾ、  ヽ ヽ
     ,| |/ l人/_,/`\ /l/    ____ /l/,!'゙ /´,,_`'ヽ |
`───┴‐ ┴─/_ォ‐---'゙ヽ..,,__ r´     }_,. ィ l r Yヘ!  ̄! ヽ──
            L(r_イ_!__,!_」   ̄ ̄ ̄ ̄     `ミ_イ_!__,!_」′






  /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|   あと土蜘蛛の特徴として手足が長いとか狼みたいだとか洞窟で暮らしている
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人     とか微妙にディスってる様な記述が日本神話にあるぞ。
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \




        /////////////////////ミ;,
        ////////////////////////i
        ///////..::- ‐ ― ー - 、 ヽ////}
       //// ̄r/        ヾ/  `ヽ
      マ/ /i7/ / /         ~`ヽ |
       / / i | | l | | | | |__| ヽ / /     今も昔も敵対した人たちをディスるのは変わんないんでしょうね。
       | |   l | |__| | | |  ̄ | |  ; /
.        V  l ! _!__ ヽハ ノ┬―ゥ   V       敵対した人たちを褒めたら攻撃する大義名分が減るしね。
           |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' / l
  r"      | | iぃ    _     / |
 (   =‐'  | | l ゝ、___ヽノ_ ,ィ ´| l i
  ゝ-'゙     | i | l__}:/トzzzヾ{、__| !T
    r、  .r≠i |[ヽ!        |_,r-i7ヽ
   __ゝ 〔[`ヽ三/[::[::>____薔__<::]:::::]



  

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-30 : 適当に日本の民話、伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【セシリア】もう無理!勘弁してください!【オルコット】第7話『悲劇の時・・・そしてあいつは堕ちてしまったのさ』

44 名前:ていん ◆TTEgrPvv0c[] 投稿日:2013/01/27(日) 16:08:33 ID:KS2XKg7c0 [2/92]



        n
        l |
      _r1´l│,.-、
      〈_LU/ /´
      ヽ   ノ
.         i   l__
     ∠二!-‐::´:.:|
    ヽ:.:.::.::.::.::.::.::| _                   やあ! 久しぶりだね!
     i::.::.::.::.::.::.::| l:`''ー-、_   , -‐-.、  __,,,,..,
.       i:.::.::.::.::.::.:| |::.::,;: :-‐`‐'―- .辻''"::.::.::/     今日の投下は何とか時間通りにいけそうだよ!
      i:.::.::.::.::.::i l/        `ヾ:;.::.::〈
.      i:.::.::.::.::.::i'/        !    ヽ:.::/     あと一つ注意を置くけど
        i::.::.::.::.::./ /  ,イ  .ハ   ヽ  V
       i:.::.::.::.:/ 7「ブメ/,ィ /_、! i l .',  }      今回のお話には間接的なエロ描写があるから
.        |:.::.::.:/イ,/ / レ' " l,ノ   「l`ト、 .| l
.        |:.::.::.::.::.:i '⌒ヽ`     lハl ! l |      それがいやな人は「戻る」をクリックしてね!
         l::.::.::.::.::.!ヽヽ  ,   ⌒ヽj ,!/ .!
.        i::.::.::.::.::i、  /`ー‐v、   /i   l      それじゃあ予定時間までゆっくりしていってね♪
         i::.::i:.:.::.:l,\{    ノ  イナ ,イノ
.         i::.::!::.::/: :: j>、..._ -=i´,ハ/lノ
.         !:.::!:/: :: : {;;::::::;;ノ: : :`ヽ、
          !;.;ソ: :: :: :: : ̄: :: :: :: ::l:.:',
.           }' :: :: ::O:: :: ::,-; :: :: :j::.::}
          i :: :: :: :: :: :: :: ''': :: :: :l::.::j
          l: :; :: :O: :: :: ::O: :: ::ノ:.:/
         l: :: 、:: :: :: -:、: :: ::,;ィ':.:/ィ >‐、
.           l:: :: ::.O:: :: ::.O:: ::/::/>ヘ´ヽ. !

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-29 : 【セシリア】もう無理!勘弁してください!【オルコット】 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

やる夫は運命の少女になるようです 第三十九話 「新天地・前編」

78 名前: ◆P58B2nbe46[] 投稿日:2013/01/26(土) 16:26:36 ID:FyyIskRo0 [1/127]

                    ┏┓                                ┏┓
                    ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                    ┏╋──────────────────────╋┓
                    ┃|     やる夫は運命の少女になるようです           |┃
                    ┗╋──────────────────────╋┛
                    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                    ┗┛                                ┗┛


                        ┌─────────────┐
                        │         ____       │  r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                        │       /      \      │ (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
|`丶、                       │     / ─    ─ \    │  X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
.l    `ヽ、                 │    /   (●)  (●)  \   │  ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
. |       \                     │    |      (__人__)     |     │  ィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
 l      lヘ               │    \     `⌒´    ,/     │ :{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
. |        | ∧           /   │    /     ー‐    \     │  !Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
.  !   > ' ´'., ∧         〃 ,.-‐:  └─────────────┘  乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
   <´    '., ∧        (/:´ : : ; : ' :__: : ‐-\          乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
   ヽ      '., ∧   ,. :':´ : : : : : :´ : : : _>ri `ヽ        イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「
      ヽ     '.,.∧  / : ; : ; : : : : : :_三三_ : | !: : :ヘ.       L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
        ヽ     '.,.∧:′/l :l /l /ハ 「      `ゝ l |:、ハ      ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
          ヽ    '.,∧ /: : /: |/ /l |       / :|λゝL   ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
         ヽ.    '.,∧ : : : : : :l'\       /芹ミ'|:`T´    //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
            ヽ.   '.,∧: : __|  \    /仆;リ 'l: : |.     イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
           ヽ   '.,ヘf二γl`芹冬ミ     ゞ'  }: ノ、           厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
             ヽ   '.,ヘニf |、代zリ,    ヽ   ,ル'ヽ ヽ
              ,.rヽ   '.,〉| l λ` ´  / ̄{  /l  〉 'ノ               ┏──────────────┓
            f フ/ 〃ヽ. /_,l ゝ-'、-、  ー‐' .イヽ 〈ヾ! 、                 第三十九話  「新天地・前編」
           〈 〉l l:::| (二ゝ  l '´ノ;. ,ゝ=‐-イ l } ) ヽ' j ハ               ┗──────────────┛
          /l l | l:ハ|  | f'′/ハヽノ ヽ_>‐v-'ベ{_}ヾ  } {ヽ
関連記事
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第四十話 「新天地・後編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十八話 「独り・後編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-28 : やる夫は運命の少女になるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

魔法おっさん★やる夫マ○カ 第三十話

200 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/27(日) 16:42:53 ID:mL0lev.Y0


           |_ |
           | `'|
          ノ,.、 ゝ、.__
         /ー 、,__、,.__ `\
         /_,,._/_,ジ=、\  \
       / - 、,_  ヽ、_ :》、\   l
       / ィ‐ 、_`'‐ 、,_ヾ゛\ `ヽ/´\
      / / |   \_ ` ‐ 、_> ヽ_/〉
      / | 〉、_/ヽ7\_i/__\_li∠、
      `'>|iヘ/'`Y´`|i //T/,-‐`ニ _‐、>'"\
      //ヽ∧_ハ.イ`メ‐|./ハ'、__ 〉ノ!丶、 \
   ,..、/./   ,.<ゝィ;;/ `゛‐イノ」|ヘ――‐ イ!ヽ  `丶\
  /ゝへヽ_./  〉YV'y‐|`vヘ \ヽ-t‐'"  ,|i   `i |                  魔法おっさん★やる夫マ○カ
 /    `'ー‐'/r'v‐i'ヾ_,トイY'\_  ̄7\/ | / ト‐''´
 ヽ、_   ∠ーf_ハ.,l、.ト|´\ノ ソ! |ト、 \l\  !| /
    `''‐'゛  ̄||i`ヽ ‐| /`l/   |.| ヽ   \\V                         本日20時投下予定 
         |l / `ヽ/   | |  ヽ  ヽ\\ _
         〉く   /   //   ヽ  ヽ \_\` ‐ 、
         |ヽ/  ,イ   _//    \  \_/ \\  \
         | |  /    | /       \   \_`ー 、_ \
         !  i.∧    |.|          //`ー、  r‐‐=ニ\
       //  ハ l     |.|    / ̄ ̄ /     \\
      /ヘ〈_/ ヽl |   //  /      ヽ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-27 : 魔法おっさん★やる夫マ○カ : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第8話 「やる実、笑顔を振りまく」

172 名前: ◆ok3NpKVHow[sage] 投稿日:2013/01/26(土) 22:00:24 ID:JIrs/Sn2 [1/111]
じゃあ始めます

173 名前: ◆ok3NpKVHow[sage] 投稿日:2013/01/26(土) 22:01:17 ID:JIrs/Sn2 [2/111]

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . . . ..
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.  ..,′
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.     ./
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     .,..、 ィ/
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ....丶  / V/
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      `Y  i′
:::::.:.:.:.:.:.:.:.:         .ィケ  ト、
::.:.:.:.:.:.:.           /{'⌒'} `丶     ┏────────────────┓
:.:.:.:.:.:          ./  ヽiノ          │    第8話              .....│
:.:..         /  ,r'┴'ヽ.       .│    「やる実、笑顔を振りまく」   ...│
:.:.              ,イ::''n::::,f'         ┗────────────────┛
:.               i:: ll::iYll!
.                  !:: :l:: : :l
               l::l l:: l ll
                {i l:: . l!
               |j:i:::::li l,
               }i::::::::ll !
              (!..:::::..lll      ,ノ入
               l...::::::..ll     fy' l l!
         .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
      r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
      `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
      ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
  ....:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
  : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
      : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :
関連記事
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第9話 「やる実、霊薬に挑む(前編)」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第8話 「やる実、笑顔を振りまく」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第7話 「やる実、盗賊団に挑む(後編)」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第6話 「やる実、盗賊団に挑む(前編)」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第5話 「やる実、怪盗を追う」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 番外編 「ギャル夫、暑い国へ行く」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第4話 「やる実と新たなる出会い」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第3話 「やる実、森に行く」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第2話 「やる実、湖に行く」
       ・やる実のアトリエ ザールブルグの錬金術士 第1話 「やる実、工房を始める」

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-27 : 【やる実のアトリエ】ザールブルグの錬金術士 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫はロリモンマスターを目指すようです やらない夫の涙のポケモン旅日記 誰が為の涙編

773 名前: ◆hKdqdz/Dco[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:21:13 ID:nCS7SCCc0 [1/31]

.       | :   i |   ´ ̄`´     `ヽ、
.       | :   | |´ ./⌒     ⌒ヽ. \
.        j   」  |、., '          \ ヽ.
.         |    |: ̄!:.i/  / ./ /i  } .!  ヽ∧
.         }    |:::.:.i: |  ,'  / / .|  |  |  |、ハ ハ
       |   |:::.:.i: | ,' /`メ、|  i  li、 !   !X !
       |   |:::.:.i: | /! ,ィナ示ト |   jィ卞ト !   }X !
       |   |:::.:.i: |ノィi´!rしd゙ 八 ,'.イ示ト、!: /ヘ.!    突然やけど
       |   |::::.:i: |、 . 匕:::ノ  ∨ !rし:i i. /  .|
       }   |:::.:.i: |ハ. ` ̄   ,  弋::ノ''|/i  |     今日はこっちで投下や!
        j     ー‐‐''i: |     ,..-、   `´/ リ!   j
.      i        ∧ !:    {ヽ/     /l ハ|  /    主役は例のあの人
.      |    |   / ∧!:ト.、       . イ::リノ:::i  /
.      i   i: / / ∧ `¨7ト <´::::::!:::/::::ノ ./         とある方面で大人気!!
       ',    / ,'| l ∧::::///::::::/ヽムイ/i/
.       iト、  / /| | |:::::::| | |::::::::\
.        |!:::.∨ /::::| | |:::::::| | |::::::::::::::| ト.、          その名も――
.         乂.  /:::::::∨/::::::::! ! !::::::::::::///:::\
.          ヽ,'::::::::::::::::::::::::<\!:::::::::///:::::::/ 〉、
         〈:::::::::::::::::::::::::/∧、>:::<./:::::::/ / i
.          }:::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::::{ /   !
.          |:::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::::/ .   {
.          |:::::::::::::::::::::::| | |:::::::::::::::::::::::i    |
関連記事

       ・やる夫はロリモンマスターを目指すようです 第19話 『おてんば人魚?』
       ・やる夫はロリモンマスターを目指すようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-27 : やる夫はロリモンマスターを目指すようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー10 「一騎討ち(後編)」

694 名前:ゆーか!!、ゆーかちゃん!!。 ◆oLThju2rns[sage] 投稿日:2013/01/25(金) 19:12:01 ID:n378oifk0 [1/74]
雪の影響でダイヤが大幅に乱れて遅れてしまいました、すみません。
ヒストリー10、開始いたします。

695 名前:ヒストリー10 ◆oLThju2rns[] 投稿日:2013/01/25(金) 19:12:52 ID:n378oifk0 [2/74]
~前回のダイジェスト~


    , '"  ̄ `ヽ             [LOG]
    //    ^ヽ ',
   .///f / j  ヽ ヘ !  
   ノイl | レト'Vハ斗ト、_>
   lハj |.'て) 'て)|レV
    ノ火ヽ"V ̄}"/゙) {             そんなこといわれたことないから。。。なんかはずかしい。。。
  //  匸 }>示iくこ八
 .// ! / /《小.》「`ヽ ヽ
 V{  !ヽノ   {: ト-イi }
  レl∧く   人__j /八/
    / `7´/ l |'´
   .`‐r</__!」
      |  / /      【ゆーか】


  /:::::^::::::::::`丶
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::|
 |::::/从从从从从::|
 |:|       , ヽ|           まあまだ中学生だからねぇ・・・。今まで付き合った男の人います?。
 |ノ  ━    ━   ||
(|  -=・-, -・=- .lノ
 |    (,,,_,,,)ヽ  | 
  |  /::: ll :: :ヽ | 
  \  ー===- /   
    |丶 ::::::::::: ノ|ヽ
関連記事
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです す ヒストリー11 「人を怒らせる天才」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー10 「一騎討ち(後編)」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー9 「一騎討ち(前編)」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー8 「約何回目のプロポーズ」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー7 「女々しい野郎どもの詩」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー6 「嘘つき古式と告られたネカマ」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー5 「新たなる仲間withあんた誰」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー4 「謎の脳内彼女X」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー3 「天使のような悪魔のゆーか」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー2 「正義なき抗争」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー1 「21世紀になっても」

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-26 : やる夫は古式若葉と出会うようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~はやてさんとイタズラ娘!~

8 名前:◆jGBSsTO3Tg★[sage] 投稿日:2013/01/23(水) 21:53:41 ID:???
ほいじゃあ、いくよー


┏──────────────┓
│  はやてさんとイタズラ娘!    │
┗──────────────┛

┌─────────┐
│  はやての自室  ..│
└─────────┘
                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」~~ー~ー-―~~''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\
                                                      \
        , ―――――‐ 、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.     !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
    {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i
      !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:{    ……
      マ:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:. i
      ヽ ヽ:.:.:.:.:.,:.:./:.:./:/:.:./:.| |
        ゝ≠ゝリ-----ル〃リリ
   _ ‐=≦{_____ゝ、
  イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ ≧ュ、__
 {::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|
. i:::i、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::l
  }:::l',≧ュ、::::::::::::::::::::::::::::::::;;l /、::::::::::::::::l
  i:: l ∨: :.≧ュ、_ ‐=≦: : :l/: :.|::::::::::::::l
  |:: |: :∨: : : :.:|: : : : : : : : : :ヽ: :|:::::::::::: |
  |/: : :.',: : : : {: : : : : : : : : : : |:.!::::::::: : |
  |: : : : : :..: : : :.i: : : : : : : ,: : : :|: \___|
  |: : : : : : }: : : : l: : : : :/: : : :.|: : : : :.:.:.|
  |: : : : : :.{: ニ=‐}: : :/ : : : : : |: : : : :.:.:.|
関連記事
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです第14話 ~結婚ネタ=壁ドンは鉄板?~

       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~酔った勢いでとんでもないことをしてしまう、あるよね!~
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-25 : やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~酔った勢いでとんでもないことをしてしまう、あるよね!

919 名前:◆jGBSsTO3Tg★[sage] 投稿日:2013/01/23(水) 21:10:31 ID:???
んじゃあ、いくでござるよー、980ぐらいで次スレ立てに行くっすから


┏──────────────────────────────────┓
│  >>828からの続き:酔った勢いでとんでもないことをしてしまう、あるよね!    │
┗──────────────────────────────────┛

┌─────────────┐
│  守矢神社・居住スペース   .│
└─────────────┘
  || |                       || |             | | |     | | |  \\
_||.._|_______________||.._|_________.| | |______.| | |0  \\
___________________________|| |______.| | l\.   |li、
  || |┌┬┬┬┬┬┐|┌┬┬┬┬┬┐|| |            | | |     | |.|\.\、 |||
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |\\.\|||
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |\\\.\
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |  \\\、
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |   \\`
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |      |li `
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |_   ('υ | | |      |||'`
  || |└┴┴┴┴┴┘|└┴┴┴┴┴┘|| |            | | |  ミ)γ´.| | |      |||
  || | !'''''''''''''''''''''''''''''''!|!'''''''''''''''''''''''''''''''! || |            | | |___| ̄|_| | |      |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'、!__|\ l_l..| | |      |||
       ________________           \\  .| | |      |||
      l\                      \.            \\、| | |0     |||
      ll\\                       \           \、| | |      |||
       ~ \\                      \            | | |      |||
             \l二二二二二二二二二二二二二二二二l            | | |      |||
           |.|__|                      |.|__|           '、|_|\    |||
                            |;;\
                            |;;;;;;;;\
                       ヾー―--.|;;;;;;;;;;;;;;\          イ´
                         \;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  __     ,イ/
                       ._\, -ー- 、 , <: : : : : :> 、/ /
                      <;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/i: : : : : : :/´: : : : ヽ: へ
                       ∠____ /: |:i!: : : : : /: /: : : : : - 、\
                        ./: :/: : : : :i: : |: ', : : : /∠: : イ:ヽi: : i、ヽ: ヽ、
                       / : : /: : : : : :!: : '、:ヽ _:/: |: : / i: : :!: /: ヽ:.', ̄
                      ./: : : /: : : : : : i、: : : / i: : !:./ \:イ:/: i: i!: :',
――_――__―_____― ./: : : /: : : : : : :/ ヽ: : ヽ ! : i/ ,、 ̄ /:/!:!:i. ヾ!   おっじゃましまーす!
  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―  /: : : /: : : : : : /   \__ヽi: /_/ `i i: / iイ:!  |
==  ̄ ̄ ̄  ――_――   ./: : : /: : : : : : /   /三三三 ヽイ イ:/ レ'  _   わー、木の匂いだー!
――_――__―___   /: : : :/ : : : : : /  ./三三三三 /;;;i  ̄  ̄ ̄ ̄ソ
  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄   ./: : : ,イ: : : : : :/   /三三>、三./ゝイ―――‐、,ゞ
==  ̄ ̄ ̄  ――_     : : /イ: : : : /   /三三三三三 i .i;;;ノ  ` ー-- 、
――_――__―        イ/、: : イ  _ノ 三三三三三ソ`´`>  __ ソ'
関連記事
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~はやてさんとイタズラ娘!~
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~~というわけで大きい方の神社に来ました~
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-25 : やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

適当に日本の民話、伝説 第二十五話

81 名前: ◆HS7JlR1R2s[] 投稿日:2013/01/23(水) 23:36:46 ID:fJBYF6L60 [1/64]




           【五色の亀】




  

82 名前: ◆HS7JlR1R2s[] 投稿日:2013/01/23(水) 23:38:44 ID:fJBYF6L60 [2/64]




  /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|    
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人     知っているか?桃太郎は神様として祀られている。
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \






           ,.ィ≦//////////////≧x、
           ,.イ//////////////////////心、
         ,ィi///////////////////////////ハ
       //////////////////////////////}}
     /´  ̄ `\////,ィ斧三三三三ミ刈//////´ ̄`ヽ
    ,/ /"'|///\`f^Yj´          `fY^)/´ ̄`ヽ ヽ    桃太郎の元ネタと言われる吉備津彦も神様として祀られているけどね。
    | |  ,|/////"ゝノ   ト、    ,∧ 、 ヽ/ |     | ,|
    ヽ ヽ マ/     ,∧ ,:|  \ : / ∨ \  |    / /
      ヽヽ,\!     |  、|___,メ `  ト-- | |   / /
       ノノ |     ,|               Vハ  ヽ ヽ
     / / / (`l   ,l  ━━━    ━━ { ヾ、  ヽ ヽ
     ,| |/ l人/_,/`\ /l/    ____ /l/,!'゙ /´,,_`'ヽ |
`───┴‐ ┴─/_ォ‐---'゙ヽ..,,__ r´     }_,. ィ l r Yヘ!  ̄! ヽ──
            L(r_イ_!__,!_」   ̄ ̄ ̄ ̄     `ミ_イ_!__,!_」′




  

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-24 : 適当に日本の民話、伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ザ・キング・オブ・ツンデレ第4話その2

736 名前: ◆577fcG4Y/.[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 21:19:19 ID:IokbdvaI0
もうちょい遅れます…(;´Д`)

737 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 21:54:41 ID:9mfl.sV.0 [1/3]
全裸待機

738 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 22:18:15 ID:TAboZCdU0 [1/3]
みっちゃんは焦らしプレイがお得意・・・ちぃ覚えた




739 名前: ◆577fcG4Y/.[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 22:41:18 ID:OTLMYNe20 [1/40]

               _ ∠二 ー-、
        , - ' ´ ̄ ̄  ‐、\   \
   ⊂ /           l ト、ヽ.  ',   こんばんわぁ~~~~!!
  r  /     / ハ 、       ヽ|   l    みっちゃんでぇぇぇぇぇぇぇっす!!
    / / / /|/ l ト、| l     |   l
    l l /× l  l/ l× l | l  l    l   >>737-738
    l /l/V       l| V l| l /   l|   後れましてまことに申し訳ございませんm(;_ _)m
    l/| l/○     ○ |/ lV|   /! l   これより投下開始いたしますです。
    | l(    ノ ̄',   lll )| lノ l / l/
    | l ̄´_      ̄´ ,l |  |'  /
     l | > 二二 ' <! !
     | l    /{___/ヽ! /
      ! l   l/ /: : / l /イ
     | l  ( /,: :./   i/ |
     丶  L!|l: :|  /!_l
        l || : : l   l|  !
         | ll: : : |   l|  !

740 名前: ◆577fcG4Y/.[] 投稿日:2013/01/19(土) 22:42:04 ID:OTLMYNe20 [2/40]


                                              -‐ === <⌒ヽ
                                       ´          ヽ ミ\
                                      / ヘ ⌒ヽ        ∨\ゝ
                                         /   八   \        V }
                                    /   /  \   \    ≧=-∨
                    おっ、おい、お前っ!       { / /     \   ≧=-    }
                                    ∨ { r=ミ、 、斗==、      `Y′
                           どうしたっ!?     乂ハ弋_以   〈以 ノ|`ー=彡イ
                                          `}   '     |  |ノ/
                本当にアレを止める方法を         人ι {¨¨¨¨ヽ  リ' !ヘx=z ⌒ヽ
                                     /¨{≧=ゝ---く彡ハ リ/ /
                       知っているのか!?    r{  { \  \‘,\ .}/ {_.{      ‘,
                                      八  ゝく 了 / /__/ 〉 / {       ‘,
                                        /    ハ ∨./ } / /  八      ‘,
                                   /     / ∨}/廴ノ{_/    ,      ‘,
                                     /     /   { {{ 〃     ',      ‘,
                                 /     {    { {{ {       ‘,      ‘,

            ..... -=ニー--.....
          /ィ´: : ´: ̄: ̄:`:\: ヽ.
.        〃  ,ィ: : :j: : : : : 、: : ヽ: : : : ヽ: ハ
        .:' : : : i: : : i: : l:\: : ヽ: : : 、ヾハ
          ,': : : : : |: : : l!: :ハ: : >: :\: : ヽ!∧
       l: : : : :j: l: : : :!: : : ト:メ、: l:ト--L : j:ハ
          !: : i: :ハ: V: :_|_;/j:イ ヾ\:ハ!リ_!: :|{ `
        マ: :!:j: l: :マ:7|/ リz!ュ   ィz!7|: :バ
        V: :|: r、:ハ: |zケt:j゚l!`    kリ。!: リ
          ヾ:l:{ マ: \。ゞ-′    ¨^フ/
          _人个-ヘ::ヽ\''''   '  イ/    / ̄ ̄ ̄\
       _,r八 |从イ:トヽハ ァ 、.. ´ ゚/´′    | ・・・・・・ |
     r‐ア´ ハ ´ ′ >-{   ̄  ノノ     \___/
      j-シ´  ≧=――--、ト、

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-24 : 『ザ・キング・オブ・ツンデレ』サンダー大王『The King of Thunder』 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ザ・キング・オブ・ツンデレ第4話その1

668 名前: ◆577fcG4Y/.[] 投稿日:2013/01/03(木) 21:05:26 ID:3ONtVqYo0 [1/58]

               __
          ∠⌒>ァ'´: : : : : : : : : : `ヽ
         ノ//: : : : : : : : : : : : : : : : : 八
      /〃: : : : : : : : : /: :「 \: : : ∨∧
       `7{{: : : : : : : /: :/l: : !   `メ、__: : ',
       : : : : : : :/: :/‐匕ノ        : :
       ム人: : : : :/: :/           x==ミl }リ    こんばんわぁ~~~!みっちゃんでぇぇぇぇぇ~~っす!www
         ヽ: : 八/  x==ミ  厂ゝ _ 八〈
            ∨、│ ゝ _ ノ   ヽヽヽ l∧    お時間になりましたのでそろそろ第4話その1
            (  小 ヽヽ  ┌    ーャ ∧∧
              \ ∧    l.::::::::::::::::.} / ∨∧  始めさせていただきますね~ノシ
           〃∨∧\   . :::::::::::ノ `ヽ ∨∧
         / {  ∨∧    ー‐‐イ     ', ∨ハ
        /  八  ∨∧           Ⅵ}: :.
         .      ヽ }t┌「 ̄ ̄ ̄ ̄|‐v′ ∨:/
                     |│     r┴‐\  lイ
         |        /}│      「{:「   ∨ |
          、       { ./ }|___.に二   l |

669 名前: ◆577fcG4Y/.[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 21:05:56 ID:3ONtVqYo0 [2/58]


                              -----±-----
                                  /////Zz-X 
                                  "" ""    __/ ヾ
                    _,-、                     フ
             ,_      _/ j: :゙、                   バ
    / 〉ヽ    // ヽ  _,,,r' /: : : \    ,.-ー、             ラ
  / く: : : \ ,,;' ,'゙"''ヾ:、r' __,,/: : : : : :゙ 、_,,r'"  ゙i、
,.‐'´   ヽ: : : / /   /,r'  }: : : : : : : :i \   ,': :\     _
__ ,.::-ーュ_,、_rv:..、    ,;' i!   /\: : : : : :〈: : :}、,,_ ,': :: : : ゙ 、  // ヽ  _,,-─-::_,,
::.`` -、.::... .:、:...-iー..__,、_  ___ノ:.ー、_    ヽ: : : : : : : : : .,': : : :,,--‐'´::....... :i .::::::
_::. ` .:::., ..:::ーy ....:.. :... .:::.`'".:: ::i..   ヘ' ̄`::r、─ 、_, 、_,、--''`'´.:::::::::... .::.. :::. .:::::...
::`'-‐'" _"::.:.:.:.. ,_ - 、::..... ::   ::..v :....::"  ..:;''.:'" ` ::.   :.:.... .::::::::.:.:.:.. :...  _,..- ''
::. ::..:::.......,;,..  ./:: .:.:: 丶 .. ..:......、  :.、  ノ-",::~_- 、:::::::::::.::...-、  `-  :::. .., '":::::::::::::::
;;_:::::....,,;;;,,;;,,;、 _ ;:::..:.::::.......::... ..:::‐::....:::..   ..: ..:::::.:.:::::::::::::::...:.::::::::::::..:.:...  `'.:_r'::::::::::::::::::::::
.................................................................................................................................................r:::.、_,,'':::::::::::::::::::::
::: :.;' ::. . :.:: .::.::..:'     :.::. :.::       ::.'      ::.     ..:.'.:::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::......                  ....................................................      .........::::
:::::::::::::::::::::::............................                       ...............:::::::::::::::::::
 /~ \..............        .................:::::::::::...........     ............:::::::::::::::::::::::__ノ
__ .........::::::::::::::::::::::::::..........                     .............:::::::__/彡
 \     ヽ:::::::::/~   ̄ ̄:::::::::......-ー::::::::::..................::::::::::::::::::ニ、ー'~
   ミ、     \::::::........   _,,,;;;;:::::::...............:::::::;;;;;;;;;;ーー'''''~~~
 ゝ   ト、    λ-ーー<        ノミ~~~   -  ―  ......___:::::::::::::
 λ  ヽ ~''ー  λ.............:::::::::::::::::::::::/彡
               __,,,∠彡         ===========三::::......
         __=-―'~ ̄          _  .............
ー、,,,_∠~ ̄~\__...... .......             ̄~-ー==ー、
                     _,,、=~            ̄''=っ
                ー=<~         ..............::::::::::::::ノミ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-24 : 『ザ・キング・オブ・ツンデレ』サンダー大王『The King of Thunder』 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は運命の少女になるようです 第三十八話 「独り・後編」

879 名前: ◆P58B2nbe46[] 投稿日:2013/01/23(水) 21:00:33 ID:pocLd6bM0 [3/117]

                    ┏┓                                ┏┓
                    ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                    ┏╋──────────────────────╋┓
                    ┃|     やる夫は運命の少女になるようです           |┃
                    ┗╋──────────────────────╋┛
                    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                    ┗┛                                ┗┛


                        ┌─────────────┐
                        │         ____       │  r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                        │       /      \      │ (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
|`丶、                       │     / ─    ─ \    │  X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
.l    `ヽ、                 │    /   (●)  (●)  \   │  ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
. |       \                     │    |      (__人__)     |     │  ィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
 l      lヘ               │    \     `⌒´    ,/     │ :{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
. |        | ∧           /   │    /     ー‐    \     │  !Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
.  !   > ' ´'., ∧         〃 ,.-‐:  └─────────────┘  乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
   <´    '., ∧        (/:´ : : ; : ' :__: : ‐-\          乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
   ヽ      '., ∧   ,. :':´ : : : : : :´ : : : _>ri `ヽ        イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「
      ヽ     '.,.∧  / : ; : ; : : : : : :_三三_ : | !: : :ヘ.       L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
        ヽ     '.,.∧:′/l :l /l /ハ 「      `ゝ l |:、ハ      ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
          ヽ    '.,∧ /: : /: |/ /l |       / :|λゝL   ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
         ヽ.    '.,∧ : : : : : :l'\       /芹ミ'|:`T´    //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
            ヽ.   '.,∧: : __|  \    /仆;リ 'l: : |.     イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
           ヽ   '.,ヘf二γl`芹冬ミ     ゞ'  }: ノ、           厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
             ヽ   '.,ヘニf |、代zリ,    ヽ   ,ル'ヽ ヽ
              ,.rヽ   '.,〉| l λ` ´  / ̄{  /l  〉 'ノ               ┏──────────────┓
            f フ/ 〃ヽ. /_,l ゝ-'、-、  ー‐' .イヽ 〈ヾ! 、                  第三十七話  「独り・後編」
           〈 〉l l:::| (二ゝ  l '´ノ;. ,ゝ=‐-イ l } ) ヽ' j ハ               ┗──────────────┛
          /l l | l:ハ|  | f'′/ハヽノ ヽ_>‐v-'ベ{_}ヾ  } {ヽ
関連記事
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十九話 「新天地・前編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十七話 「独り・前編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-23 : やる夫は運命の少女になるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

適当に日本の民話、伝説 第二十四話

42 名前: ◆HS7JlR1R2s[sage] 投稿日:2013/01/21(月) 05:04:16 ID:3b0MMdqs0 [2/35]




           【地上へようこそ】




  

43 名前: ◆HS7JlR1R2s[sage] 投稿日:2013/01/21(月) 05:04:43 ID:3b0MMdqs0 [3/35]




  /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|     前回語り忘れていたがヤマトタケルが放った矢は発芽して木になったそうだ。
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人         故にその地を八槻の里という。
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \





           ,.ィ≦//////////////≧x、
           ,.イ//////////////////////心、
         ,ィi///////////////////////////ハ
       //////////////////////////////}}
     /´  ̄ `\////,ィ斧三三三三ミ刈//////´ ̄`ヽ
    ,/ /"'|///\`f^Yj´          `fY^)/´ ̄`ヽ ヽ
    | |  ,|/////"ゝノ   ト、    ,∧ 、 ヽ/ |     | ,|    土蜘蛛は養分か何かなのかしら。
    ヽ ヽ マ/     ,∧ ,:|  \ : / ∨ \  |    / /
      ヽヽ,\!     |  、|___,メ `  ト-- | |   / /
       ノノ |     ,|               Vハ  ヽ ヽ
     / / / (`l   ,l  ━━━    ━━ { ヾ、  ヽ ヽ
     ,| |/ l人/_,/`\ /l/    ____ /l/,!'゙ /´,,_`'ヽ |
`───┴‐ ┴─/_ォ‐---'゙ヽ..,,__ r´     }_,. ィ l r Yヘ!  ̄! ヽ──
            L(r_イ_!__,!_」   ̄ ̄ ̄ ̄     `ミ_イ_!__,!_」′






  /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|   あと土蜘蛛の特徴として手足が長いとか狼みたいだとか洞窟で暮らしている
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人     とか微妙にディスってる様な記述が日本神話にあるぞ。
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \




        /////////////////////ミ;,
        ////////////////////////i
        ///////..::- ‐ ― ー - 、 ヽ////}
       //// ̄r/        ヾ/  `ヽ
      マ/ /i7/ / /         ~`ヽ |
       / / i | | l | | | | |__| ヽ / /     今も昔も敵対した人たちをディスるのは変わんないんでしょうね。
       | |   l | |__| | | |  ̄ | |  ; /
.        V  l ! _!__ ヽハ ノ┬―ゥ   V       敵対した人たちを褒めたら攻撃する大義名分が減るしね。
           |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' / l
  r"      | | iぃ    _     / |
 (   =‐'  | | l ゝ、___ヽノ_ ,ィ ´| l i
  ゝ-'゙     | i | l__}:/トzzzヾ{、__| !T
    r、  .r≠i |[ヽ!        |_,r-i7ヽ
   __ゝ 〔[`ヽ三/[::[::>____薔__<::]:::::]



  
関連記事
       ・適当に日本の民話、伝説 第十話       ・第二十話
       ・適当に日本の民話、伝説 第九話       ・第十九話
       ・適当に日本の民話、伝説 第八話       ・第十八話
       ・適当に日本の民話、伝説 第七話       ・第十七話
       ・適当に日本の民話、伝説 第六話       ・第十六話       ・第二十五話
       ・適当に日本の民話、伝説 第五話       ・第十五話       ・第二十四話
       ・適当に日本の民話、伝説 第四話       ・第十四話       ・第二十三話
       ・適当に日本の民話、伝説 第三話       ・第十三話       ・【埋めネタ】
       ・適当に日本の民話、伝説 第二話       ・第十二話       ・第二十二話
       ・適当に日本の民話、伝説 第一話       ・第十一話       ・第二十一話

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-22 : 適当に日本の民話、伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は運命の少女になるようです 第三十七話 「独り・前編」

755 名前: ◆P58B2nbe46[] 投稿日:2013/01/21(月) 21:00:18 ID:FDTxFugI0 [4/115]

  (  )                  (  ヽ            ――――  ○  ―
 (     )         , ⌒ヽ    (   )                 // | \
  ゝ     ヽ      (    .'   (       ヽ⌒ヽ 、        / /  |    \
(         )     ゝ    `ヽ(           )              |
 ゝ           `ヽ,(    (⌒ 
              . :. :. :. ::. ::. :. .: .: : : ..: ...: ...: ..: ..: .::..:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.
     . .   .. .. ... :,;: _: .: .: .: .: . .. .. .::. . .: :. :. :.. :. : :: . : . :._ィ'⌒゙''ー-、,,_. :. :. : :: ..::.:..::..:.:.:.:.
  . .   .. .. ... . .: .:.:.:. : . :. ~`"゙''ー- 、 .::;:.,...:; _,,. r‐'''"~ .. . . .::..:..:.:.::..:: ̄`''ヽ、,,______
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :..::..::..::..::..::.:::.:..::.:..::. _ .,, ... . .  ̄ ..  . .::. . .: :. :...:.:.:.::..:.:.:::_,,、-ー''゙⌒'ヽ_  . .::.. .
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . ..........:;:;:.:.,,... ___,,、,r'''´ ̄ .. . . .::. . .: :. ~゛'''‐ 、.,,
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´: . :: : .:.::;:.,...:;:;:.:.,,...-─-~'⌒ ̄` '~- .,,. .: ;. : . :: : .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:..:.:
.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. : :: . _:_ . ;;:. :: . : .  . . .. .::.. . .:.::..:..::..::..::..::. :゛'''゙⌒'~、.,,_ .: .:.:::.:.:.:.::..:.:.::
.:.:.:.::.:.:.:. :. ,,. r‐'''"~'⌒゙'''" .:: . . . .: :. :: :. ::.:.:.:.:..:.:: .__,,..、 -─- .,_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.`^゙~ ̄"゙''ー
.、 -─- ;:_;;::,,,_`^゙~ ̄`. . .: :. ::-__,,.....,,,_.._,..r-'''" .   ... ...:: ..: ..: .::. ::.::.:..:.:.:.:.: .. . -='、⌒゙'''
  . . .::..:.:.::.:___,,..、二 =-─- . . .::. . .:;:.,.. .._,,,.....,,____,,..、 -─- .,_~`"゙''ー- 、 .: .:.:.:.::.:.:.:.
___,,、,r'''´─-~'_,,.....,,,_,,. r‐'''"~_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.  .....:..:. . ...`゛'''- 、..,_::_,,,.....::::... .゛'''゙⌒'~
:.:..:.:.:.:.:.:.::.:`゙'_,ニ=- ... __... .                 ......   ...  ... . _,,._:.,...:;:;:,,..,,,_ .



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
関連記事
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十七話 「独り・後編」」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十六話 「予感」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-22 : やる夫は運命の少女になるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

海馬とやらない夫は、混ぜるな危険 第八話 カービィ+カービィ+カービィ+できない夫

318 名前: ◆zqNmhBktsU[] 投稿日:2013/01/19(土) 22:31:16 ID:HaohGmng [1/40]
時間になりました。投下を開始します。



┌──────────────────────────┐
│   第八話 カービィ+カービィ+カービィ+できない夫    .│
└──────────────────────────┘

319 名前: ◆zqNmhBktsU[] 投稿日:2013/01/19(土) 22:31:49 ID:HaohGmng [2/40]


            :.::.:.
:.:.:.::...:.:.::.:::.:   ::..:::......            ..:...:.   __i___
             ; :.:.:.::...:.:.::.... :   ...:::......:. |.:.::..:.|
             i!    ::......:... .. ... :..:.:. .:...:.|.:.::..:.|
  ___       X          ____i_,.::i-───────┐
  |    |ヽ     XX         |         |\ ..:..lilXil二ilXi  |
  |    |;;;;|    ,i'ili'i,         | iココ iコiコ  |";:l: .: lilXil二ilXi  |
__i___ ̄'i\___ |lilXil| _____| iココ iコiコ  |";:i. .: lilXil二ilXi  |
 ┐┐┐ |\i:Y ___)llliXil||              .:.:.. |:.: l. .: lilγ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 ┐┐┐ |;:...l |;;i::;:,i|liliXil|l,|:.:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  ロ  ソ二) ' ̄ |   さてと・・・    |
 ┐┐┐ ||' ̄|:;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i':.:| lコ lコ乂_______ノ
 ┐┐┐ || lX|:;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i.::.| lコ lコ lコ ||L|; |
 ┐┐┐ || lX|:;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;l.:.:| lコ lコ lコ ||Lil,.|_
 ┐┐┐ || lX|;;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i.:.:| lコ lコ lコ ||Li|Li,|
 ┐┐┐ || lX|;;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i.:.:| lコ lコ lコ ||Li|Li.|
 ┐┐┐ || lX|;;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i.:.:| lコ lコ lコ ||Li|Li.|
 ┐┐┐ ||  |"|Xil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i.:.:| lコ lコ lコ ||Li|Li.|
,._____,,||_I,_∧_∧ __∧∧ _________i_l,._|______||____|_
_____.,, ,___(・∀・ )_(゚ー゚*)______.,, ,_____.,_____,.,_._;:;:.. ,,. :._
;:;:.. ,,. :.:. ;:;   /' ̄ ̄ ̄~/ヽ  U,____ ≡=-  ;:;:.. ,,. :.:.       ;:;:.. ,,. :.:.
    _.-ー"~  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ⊇-ー─ "  ヽ ≡=-    ブロロロロ・・・
   /Oo┌┐ oO)  o     - 〕   | ≡=-
 ̄  ヽ.,_i――i  ,l'⌒'l__.i__--- イ_l'⌒'lノ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `--' ̄ ̄ ̄ '--' `--'  ̄ ̄ '--'
二二二二二'i,             'i,二二二二二'i,           'i,二二二二二'i,



                  / ̄ ̄ \
                  __ノ `⌒   \
                    (●).(● )    |
                 (__人___)    |                  男一人でウインドウショッピングだろ。
               , =二ニニヽ、   |                どこに行こうかなー
             /  二 ヽ、`,┘   ト、_____
             /   -、 }、j┘  イ// : : : .`' ー- 、
              /    /{_/ニニ,´>/ : : : : : : : : : : :ヽ
           _/___ ノ : 「r{::::ヘ  / : : : : : : : : : : : : : : '、
          / : : : : :ヾミ : :.i r:::', y : : : : : : : : : :/ : : : : : :'
          : : : : : : : :/ : : i .i:::::i ,i : : : : : : : : : r : : : : : : : :i
        ,' : : : : : : : / : : : :i i::::::ii: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
        ,' : : : : : : : ハ : : : :',i::::::ii : : : : : : : : : :.| : : : : : :/|
        ,' : : : : : : : /. :ハ : : : :',::::::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
      / : : : : : : :./ :/ V: : : : ',:::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
関連記事
   ・第一話   ・第二話   ・第三話   ・第四話   ・第五話前篇   ・第五話後篇   ・第六話   ・第七話
   ・第八話   ・第九話

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-20 : 海馬とやらない夫は、混ぜるな危険 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

最近完結した作品

やらない子の奇妙な学生生活 目次

                  ┃...... /      |  :i   i   ┃   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...  ┃l',:::::',、:::::::::::',:::,::::::::::::ヽ:::::::::┃
                  ┃.  :|      |  :|    ハ.  ┃     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   ┃...',::::::,ヽ::::::::::,::::,:::::::::::::::,:::::゙┃
                  ┃|  :|        |  :|   .升  :.┃       \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ┃  ,:::::l  ',::::::::,::::',::::::::::::::,::: ┃
                  ┃   :|     ./  :il  :/ :|  ィ ┃         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙┃......',::::}   ,:::::::lヽ::,::::::::::::::,:::┃
                  ┃゙,  il     / i /i :/  | /i..┃..... -――   ̄:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.┃|  ヽ:/__,',::::::! ',:::,、::::::::::l: ┃
                  ┃...  ハ   :/ / //∠ -─/マ..┃...... _  ____..:.:.:.:.:.:.:.:.: ┃.゙/_//弋zソ::::lヽl::lヽ:::::::::l::┃
                  ┃ _ \ハ   / //≦ -_ _ィ_イ ┃, " .::::::::::::::::::::::::::::::\::.:.:.:.:.:゙┃. l  _   l:::| /} ,ハ::::::::..┃
                  ┃...≧-'' ヽ:/  -=ィ弋...:::::ソ /il.....┃.         ::::::::::::::::::::\.:.:.:゙┃....//////ヽ l:/ ,l /ハ::::::l.┃
                  ┃゙ノ>、ミ、    ''ミ、 ̄ ̄ ̄//.. ┃.... ̄ ̄``     ::::::::::::::::::::\゙┃.-{///////},=-/-'::/ l:ハ::::,┃
                  ┃.. ̄ ヾ         / /.  ┃....( ◯ )    ( ◯:::):::::|:::゙┃...{ハ/////ノ  /::::::/ / l::,:l┃
                  ┃.     i:      ─/.   ┃..._         ...:::::::::::::::::i::::┃...... /  ̄ ヽ/::,::/´ ̄`ヽ.゙┃
                  ┃.      l}      /_イハ...┃:::::::::\(::.  j    ) :::::::/::..゙┃...三{     { ̄/    / ┃
                  ┃.     _ _ ,,ィ   ̄ / i:..┃ミヽ:::::::.`ー‐'´`ー‐'′;< :. :...┃   l  __ l  {/´`ヽ /、..┃
                  ┃        ̄  ̄´    イ   i.゙┃:.:.:`\::\`_フ:::::::,ィ彡⌒´:.:...┃.':,   、 {__l j  、 ー '/.  ┃
                  ┃.  、   ー   < |   :/..゙┃゙::.:.:..:. ヽ、::r‐冖´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙┃.-ヽ  ヽ_ /.          ┃
                  ┃. -┴ ≧ ─ ≦ ̄イ-、ハ :/.  ┃. :.::.:.:.:.:.:.: >不、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.┃... >}             ┃
                  ┃.:::::::/::::::i:::::::i:::::::\:::::i :V..  ┃:.:.:.:.:.:. : 厶  Yヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┃._ノ                 ┃
ジョジョの奇妙な冒険 1~7巻(第1・2部)セット (集英社文庫―コミック版)
       ・やらない子の奇妙な学生生活 目次

僕しかいない町 目次


            、 , ィ≦-、___,
          、〈!/;;;;i;;;;;≧彡;<_
          ,>;;;;;、/_,,,ゞ;;;;;;;;ゝ
          ィ;;;;;! ,=f ゙ー=' ゙リ´}ゝ     
          ' ヘ;ハ.¨´〈   i、_!ト
               "ヽ fヽ  .ハ!`
              ヽ.,ー', / レ`
、           ,--<\¨´ |
. \         ノ  ̄ ̄`ー┴ヽ__          , -‐-、_/!
  ヽ____  〈            ̄ニヽ      /      !,、  ,、
   \      >゙  __ \    f´  \ ___/      ノ´(_,'7,'/
     ー、  f ゝ ´ ̄`ー<゙┬、 〈`ヽ   トーァ,′   /i/ '´ ___/
         |    /  / |:::::\__{ , 、 、\  ___./  \/
         |  `´    ∧  |::::::::::::::| i:} iヽヽ、>/     __/ |
     ____/!        〉 /:::::::::::::∪:ト、!゙ゝ'イ   / ノ./
  / ̄              //.:::::::::::::::::::::|ヽ\____.イ   /
<              /:.\::::::::::::::::::::|ヽi !___,   /
  `ヽ              /、::::::::::::::::::::::::::::∧ ー-、__/
              / 〉::::::::::::::::::::::::::::::::∧           ■この作品はハーレム系ホラーとなる!
________/   〈::::::::::::::::∠_________〉           ■登場人物のほとんどが…
               >-<――┴┴ト!{           ■>>1はほとんどAA原作を見ていない!
               {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;!i!;!_            キャラ崩壊に注意ってことだ!
                  ,':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/〉:;:;i!:;ト、
                  {:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;/:;/:l!;:;:;∨
               〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//:;:;:;:l!;:;:;:;∨
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨
SILENT HILL: DOWNPOUR
       ・僕しかいない町 目次
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は歪秤世界に落ちるようです 第14話 天使軍の日常

679 名前: ◆EXSdmu5SZk[] 投稿日:2013/01/20(日) 00:00:06 ID:uWQdZe2A0 [1/104]
それでは、投下を開始いたします

680 名前: ◆EXSdmu5SZk[] 投稿日:2013/01/20(日) 00:00:23 ID:uWQdZe2A0 [2/104]



                       ト、  |.、 ∧
                     、、  |: :\! ∨ ∧、
              ____\`:.ー  : .   . :ヽ ___
                    \  :.: . ` : .      . . :.:.:<...._
               ミヽ:.: .             . : : :.:<.
                 <:.: : . .               . . : : :.\
                 /:.: : . .               . . :.:<⌒ヽ
            <:.: . . :     . :/  .: .:, , :\  . .:.:\`ヽ    まどか様。
              `Y/:. .:_/_/| :/| :/:/Ⅵト、__X:.: . . :.:\
              //イ/ .:/ /`トl、、|/仏斗匕ヾヘ\:ミ、 ̄`    長となられてから一日目の仕事でしたが、
              //イ 从<弋戈、′ ィ弋ア> ムハ } \
                     ノУハ     :        从ヘハ      どうでしたか?
                     / ヘ     :、_       小 ヽ
                       ヽ    __     /リ          何か不都合等がございましたら・・・・・・
                         |\ ´ こ ` /.:|
                       ハ  \_  _/. :.:ハ
                   _/ ∨   . : : :.:/  ',__
                 / |   \  . : /   | :: \
              _ ...::´:::::::i    _Y::Y_    i::::::::: `::... _





                          r-、 r'ヽ    /ヽ /^l
                         -‐': ⌒{  }⌒⌒{  {'´ ̄: `ヽ
                       /. : : : : :/  ,: : : : :ヽ }、 : : : : : .\
                   {ィ : : : :ィアヽィ=- : : -=トノ _>ニ=-、r ヽ
                        {: :ル´ {'-.、/-‐ : : : : :l_{\   ` j′              やめて
                        `^  :´: : : : : : :i: : i: .\: : : .\
                     . .-‐: : ´/. : /. :i : : |: : |: : : .\: : : .`: : ‐- . .
              . . : : ´: : : : : :´: : : /. : ; : : ,' : : ' ,: : : : .\: : : ー- : : : `: 、
.            . : ´ : : ´: : : :´: : : : :/. : :/ : /. : : : . \: : : : : : : : : : : : : : : : `: . 、
.         . : ´ . : ´ : ; :/ . : : : :/. : : :/. : : : : : : : : : . \ 、:.: : : : : : : : : : : : : : : .\
.     /. : /. : ; ´/ . : : : :/. : : :/. : : : : : : : :i: : : : : .\`ヽ、: : : : : : : : : : : : : : .\
      /. : /. : //. : : : : /. : : :/ . : : : : : : : : : | : : : : : : . ヽ  \: : : : : : : : : : : : : : }
.    |:/. : / ./. : : : : /. : : :/ . : : : : /. : : : : : :l: : : : : : : : : :}、  \: : : : : : : : : : : /



.
関連記事
       ・やる夫は歪秤世界に落ちるようです 第15話 死線を越えて
       ・やる夫は歪秤世界に落ちるようです 第13話 星光の理
       ・やる夫は歪秤世界に落ちるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-20 : やる夫は歪秤世界に落ちるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

適当に日本の民話、伝説 第二十三話

2 名前: ◆HS7JlR1R2s[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 23:29:21 ID:kW9eBNgE0




           【困ったときの英雄殿】




  

3 名前: ◆HS7JlR1R2s[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 23:29:37 ID:kW9eBNgE0



  /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V    日本は何故盾を使うことが無かったのかという事を聞く人間がたまに居るが
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ     盾は普通にあった。
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \


  




           ,.ィ≦//////////////≧x、
           ,.イ//////////////////////心、
         ,ィi///////////////////////////ハ
       //////////////////////////////}}
     /´  ̄ `\////,ィ斧三三三三ミ刈//////´ ̄`ヽ
    ,/ /"'|///\`f^Yj´          `fY^)/´ ̄`ヽ ヽ
    | |  ,|/////"ゝノ   ト、    ,∧ 、 ヽ/ |     | ,|
    ヽ ヽ マ/     ,∧ ,:|  \ : / ∨ \  |    / /
      ヽヽ,\!     |  、|___,メ `  ト-- | |   / /    矢を防ぐための置き盾もあったし、手盾もあったのよ。
       ノノ |     ,|               Vハ  ヽ ヽ
     / / / (`l   ,l  ━━━    ━━ { ヾ、  ヽ ヽ    何故無いという疑問に至ったのかしら?
     ,| |/ l人/_,/`\ /l/    ____ /l/,!'゙ /´,,_`'ヽ |
`───┴‐ ┴─/_ォ‐---'゙ヽ..,,__ r´     }_,. ィ l r Yヘ!  ̄! ヽ──
            L(r_イ_!__,!_」   ̄ ̄ ̄ ̄     `ミ_イ_!__,!_」′



  
関連記事
       ・適当に日本の民話、伝説 第十話       ・第二十話
       ・適当に日本の民話、伝説 第九話       ・第十九話
       ・適当に日本の民話、伝説 第八話       ・第十八話
       ・適当に日本の民話、伝説 第七話       ・第十七話
       ・適当に日本の民話、伝説 第六話       ・第十六話
       ・適当に日本の民話、伝説 第五話       ・第十五話       ・第二十四話
       ・適当に日本の民話、伝説 第四話       ・第十四話       ・第二十三話
       ・適当に日本の民話、伝説 第三話       ・第十三話       ・【埋めネタ】
       ・適当に日本の民話、伝説 第二話       ・第十二話       ・第二十二話
       ・適当に日本の民話、伝説 第一話       ・第十一話       ・第二十一話

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-20 : 適当に日本の民話、伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

適当に日本の民話、伝説 【埋めネタ】

987 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 23:39:38 ID:kW9eBNgE0 [1/14]




       【埋めネタ】




  

988 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 23:39:52 ID:kW9eBNgE0 [2/14]




    /    ル<: ><: : : : : レヘ:ヽ  ヽ
 /   /: : : : /: : : : : : : : :ノ:`ヽi: :ヽ  |
.f   /: : : : :/: : : : : /: : :/: : : :ヽ: : :ヽ」
.|   /: : : : /: /: : : /: : : i:/ン: : : : :|: : : :ヽ
.|  .//: : : /:γ: : ::/: : /:ノ/´ |:ハ: : |: : : : :ヽ
乂//:/: : /: : |: : ::/: /才  .|:| V: |: : : : : iヽ
. 〉/|/: : :i: : : |: : ムく^ヽ、  j// V|: : : :|: h i    日本には天使とか悪魔とかを仲間にして神聖四文字とかをボコスカ殴るゲームがある。
/ |~||: : : |: : ::|:γ^而ミ>、  ,ィ彡ミ|:|: : : :|: | i:|
/ | .||: : : |: : ::|:|! ',:出⊂    |8:::::リ|:|: : : :| :| V    日本は宗教的束縛が無いからこの手のゲームを作ることが
|| | .|「: : ::|: : ::V ゝ-イ     し´ |:|:|: : : /:人
乂 从: VV: : :∧、 ヽ──;   人リ: : /: ノ .ヘ     出来るのだという人がいるが>>1はそれはどうだろう?と思っている。
_Y/ |VVV: :ヘ: :|>、二二, xイリ: /|: :/ソ人_|::|
 ̄フ j: ヘヘヘl: :ヘト、__fヽ><.」レシレソレ  ゝ´
 / /: : トヘへヽヽ`ヽ\|>ル⌒ヽ| レ´ ´
/7 ,´: : / `ヽ:ヽ: :i/=イ@   |\
7 j: :/    ヽ∨ |   介  .リ  \




           ,.ィ≦//////////////≧x、
           ,.イ//////////////////////心、
         ,ィi///////////////////////////ハ
       //////////////////////////////}}
     /´  ̄ `\////,ィ斧三三三三ミ刈//////´ ̄`ヽ
    ,/ /"'|///\`f^Yj´          `fY^)/´ ̄`ヽ ヽ
    | |  ,|/////"ゝノ   ト、    ,∧ 、 ヽ/ |     | ,|     
    ヽ ヽ マ/     ,∧ ,:|  \ : / ∨ \  |    / /
      ヽヽ,\!     |  、|___,メ `  ト-- | |   / /      例えば日本3大悪妖怪のこととか。
       ノノ |     ,|               Vハ  ヽ ヽ
     / / / (`l   ,l  ━━━    ━━ { ヾ、  ヽ ヽ    日本3大悪妖怪は日本の中でも有名な妖怪を三体のことね。
     ,| |/ l人/_,/`\ /l/    ____ /l/,!'゙ /´,,_`'ヽ |
`───┴‐ ┴─/_ォ‐---'゙ヽ..,,__ r´     }_,. ィ l r Yヘ!  ̄! ヽ── 
            L(r_イ_!__,!_」   ̄ ̄ ̄ ̄     `ミ_イ_!__,!_」′




  

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-20 : 適当に日本の民話、伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は運命の少女になるようです 第三十六話 「予感」

546 名前: ◆P58B2nbe46[] 投稿日:2013/01/19(土) 20:01:29 ID:a.Hx3kTU0 [4/192]

                    ┏┓                                ┏┓
                    ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                    ┏╋──────────────────────╋┓
                    ┃|     やる夫は運命の少女になるようです           |┃
                    ┗╋──────────────────────╋┛
                    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                    ┗┛                                ┗┛


                        ┌─────────────┐
                        │         ____       │  r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                        │       /      \      │ (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
|`丶、                       │     / ─    ─ \    │  X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
.l    `ヽ、                 │    /   (●)  (●)  \   │  ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
. |       \                     │    |      (__人__)     |     │  ィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
 l      lヘ               │    \     `⌒´    ,/     │ :{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
. |        | ∧           /   │    /     ー‐    \     │  !Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
.  !   > ' ´'., ∧         〃 ,.-‐:  └─────────────┘  乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
   <´    '., ∧        (/:´ : : ; : ' :__: : ‐-\          乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
   ヽ      '., ∧   ,. :':´ : : : : : :´ : : : _>ri `ヽ        イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「
      ヽ     '.,.∧  / : ; : ; : : : : : :_三三_ : | !: : :ヘ.       L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
        ヽ     '.,.∧:′/l :l /l /ハ 「      `ゝ l |:、ハ      ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
          ヽ    '.,∧ /: : /: |/ /l |       / :|λゝL   ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
         ヽ.    '.,∧ : : : : : :l'\       /芹ミ'|:`T´    //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
            ヽ.   '.,∧: : __|  \    /仆;リ 'l: : |.     イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
           ヽ   '.,ヘf二γl`芹冬ミ     ゞ'  }: ノ、           厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
             ヽ   '.,ヘニf |、代zリ,    ヽ   ,ル'ヽ ヽ
              ,.rヽ   '.,〉| l λ` ´  / ̄{  /l  〉 'ノ               ┏────────────┓
            f フ/ 〃ヽ. /_,l ゝ-'、-、  ー‐' .イヽ 〈ヾ! 、                  第三十六話   「予感」
           〈 〉l l:::| (二ゝ  l '´ノ;. ,ゝ=‐-イ l } ) ヽ' j ハ               ┗────────────┛
          /l l | l:ハ|  | f'′/ハヽノ ヽ_>‐v-'ベ{_}ヾ  } {ヽ
関連記事
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十七話 「独り・前編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十五話 「魔の森・後編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-20 : やる夫は運命の少女になるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~~というわけで大きい方の神社に来ました~

592 名前:◆jGBSsTO3Tg★[sage] 投稿日:2013/01/16(水) 20:09:55 ID:???
ごめん、かーちゃんに捕まってた
じゃあ投下すっぞー、途中から多数決で分岐だ
そこから即興で行くぜー

593 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/16(水) 20:10:24 ID:mO/r1.vA [4/23]
おk

594 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/16(水) 20:10:52 ID:ld2B9ynk [2/12]
把握

596 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/16(水) 20:11:10 ID:uZhRUtt6 [4/19]
した

597 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/01/16(水) 20:11:12 ID:QnnJPAlA [1/16]
服は脱いだ




595 名前:◆jGBSsTO3Tg★[sage] 投稿日:2013/01/16(水) 20:11:04 ID:???

              _____
            ,.  ´       > 、
        ,. ´   ,           ` 、
      /   /  ,     ,         \
      ´   /  /     /  /   | !  ヽ
     /     /   / /    / // /    } |  l  .
.     '     /   / / \ / // /l   イ  }  | | .
    / ,  /  / / 下≧ミ、/イ }  / | .イ | |Xl :.
   ; /  ,'  / | / {:::::ij::}`ー'/ /_}'_|_/_ } |  |
   |:/' //{  /l| {/  込z_ノ  ムイ {::i::ト、 , /  |   正月なんて既に過ぎ去った過去
   }' |::/:::/. / l |  |             込ソノ / /
    }/{:/:::/乂_|  |      _  '  ムイ /    ;   しかし初詣をやりたいと思ったからやる!
    | /{::/{::|!::::|..:: !      /:.:、:::ヽ   ムイ   /
    | |/\:!:::∧:::{、     {:.:.:.:∨    イ /  / /   それが自由と言うものだ!
 ̄ ̄ ∧: \ \\从`  .  ー ´   イl:../ / ,'{:/
:::::::,: : : :\: :\//\_r-、>- </::::イ/:/::/::::/ /
::::::::}: : : : : \:/{O   \_ノ}、: : }、/i/{/:::イ:/
::::::::|: : : : : : : {_ \   / |:.}: /-/--、{/ ´
::::::::|: : : : : : : : |\:\__/:.:|/イ:}:::::::::::ヽ
::::::::|: : : : : : : :/:::/:.{ { |ィ:.:.r「: : : :.|:::::::::::::::::.
 ̄ }\: : : : /:::/:.:.:/ _>:.:|:|: : : :/::::::::::::::::::}
__/: : :\:_/:::/:.: <_/|:.:.:.|:|: : :/':::::::::::::::::::::ヽ



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   という訳で時間を正月だということにするお
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   有無は言わせないお
          /     ー‐    \
関連記事
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~酔った勢いでとんでもないことをしてしまう、あるよね!~
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです小ネタ~~多分やる夫たちが5歳ぐらいの時~
       ・やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-19 : やる夫はマテリアルな少女と日常を過ごすようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる実達が魔法‥‥少女?になるようです第10話 YOKOHAMAだよ!ほぼ全員集合!!

466 名前: ◆FVTZ6iI6qU[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:27:30 ID:/usPyua. [1/136]
雪の日に痛めた左肘がやっと曲がるようになってきた。
まだ伸ばすと痛いけど靭帯やったときに比べたら全然ましだった

10話投下します

大王イカでも見ながらどうぞ

467 名前: ◆FVTZ6iI6qU[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:28:31 ID:/usPyua. [2/136]


                               _   _,
                             ___,> Y´'ー-、
                            _>z二_ ___`ー≧__
                            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                          /        ヽ `Y′之' ⌒ ヽ
                      .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<つ イ
                         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |て_!,
うん、そんじゃあ明日駅に10時ね。    |ハ |(へ) (へ) / / ,/レ′'   /
                           `|.xx ヽ  xxx 「)'/|//  /  i
ん、じゃあおやすみ。               ヽ、_  ―  _,.ィT/   /   l
                            , < ̄ヾヲ´  ̄  <´ 丶 ノノ
                          ./ -ヽ |  `  ( ̄`ヽl ̄  )ノ ノ
                          {  /⌒i ,r―て__ ィノ   ,彡
                          ヽi__i  ノ)/    \ ヾ





                            プツン
__________________∧,、________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      .′ '  ハ   ヾ:::  |\  ハ |   ヾ;.  |:::::      ヽ |
       | | │. / \.   ヾ |  ! / !. ! | i::: :ト.::::       ∨
       | | │ハ.|  _ _、   | ,.x }/─ トl . / i::::/:::∨ヽ::::::: /
       |ハ V. イ´  `ミ、.l ,x=≠ミ.z// ,/ V::::::::::: ::::(::::::!|
      l! ゝ.  l,x=ミ、  `      イ/ / ) |:::::::::::::::::::\ |
.         7∨      ,:     / j.イr '_ノ::::::::::::::: ハ::::ノゝ
.           ハ.        ,       rイ:::::::::::::::::::::/
              ゝ   `   ´      .イハi!:::::::::::::: //     大人なしで友達とYOKOHAMAに行くなんて初めてだわ。
.              `        ,     | ヾ.::::::::::::ハi      あ、もしかしてプリクラ撮っちゃったりするのかな。
               >- r_ノヽノ\/|  ∨ゝ::|
               )::::::::::::::::::::::::::::::{.     `
               ノ:: - ― … ...-::` …‐- 、
           _ ..' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
      ピッ   ::::::::::::::::: /::ヽ.::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::, :: ,
関連記事
       ・第6話       ・第11話
       ・第5話       ・第10話
       ・第4話       ・小ネタ
       ・第3話       ・第9話
       ・第2話       ・第8話
       ・第1話       ・第7話

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-19 : やる実達が魔法‥‥少女?になるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は運命の少女になるようです 第三十五話 「魔の森・後編」

381 名前: ◆P58B2nbe46[] 投稿日:2013/01/17(木) 21:05:24 ID:Q4X23O2E0 [4/148]

                    ┏┓                                ┏┓
                    ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                    ┏╋──────────────────────╋┓
                    ┃|     やる夫は運命の少女になるようです           |┃
                    ┗╋──────────────────────╋┛
                    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                    ┗┛                                ┗┛


                        ┌─────────────┐
                        │         ____       │  r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                        │       /      \      │ (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
|`丶、                       │     / ─    ─ \    │  X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
.l    `ヽ、                 │    /   (●)  (●)  \   │  ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
. |       \                     │    |      (__人__)     |     │  ィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
 l      lヘ               │    \     `⌒´    ,/     │ :{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
. |        | ∧           /   │    /     ー‐    \     │  !Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
.  !   > ' ´'., ∧         〃 ,.-‐:  └─────────────┘  乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
   <´    '., ∧        (/:´ : : ; : ' :__: : ‐-\          乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
   ヽ      '., ∧   ,. :':´ : : : : : :´ : : : _>ri `ヽ        イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「
      ヽ     '.,.∧  / : ; : ; : : : : : :_三三_ : | !: : :ヘ.       L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
        ヽ     '.,.∧:′/l :l /l /ハ 「      `ゝ l |:、ハ      ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
          ヽ    '.,∧ /: : /: |/ /l |       / :|λゝL   ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
         ヽ.    '.,∧ : : : : : :l'\       /芹ミ'|:`T´    //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
            ヽ.   '.,∧: : __|  \    /仆;リ 'l: : |.     イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
           ヽ   '.,ヘf二γl`芹冬ミ     ゞ'  }: ノ、           厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
             ヽ   '.,ヘニf |、代zリ,    ヽ   ,ル'ヽ ヽ
              ,.rヽ   '.,〉| l λ` ´  / ̄{  /l  〉 'ノ               ┏──────────────┓
            f フ/ 〃ヽ. /_,l ゝ-'、-、  ー‐' .イヽ 〈ヾ! 、                  第三十五話  「魔の森・後編」
           〈 〉l l:::| (二ゝ  l '´ノ;. ,ゝ=‐-イ l } ) ヽ' j ハ               ┗──────────────┛
          /l l | l:ハ|  | f'′/ハヽノ ヽ_>‐v-'ベ{_}ヾ  } {ヽ
関連記事
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十六話 「予感」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十四話 「魔の森・中編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-18 : やる夫は運命の少女になるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫はロリモンマスターを目指すようです 第19話 『おてんば人魚?』

672 名前: ◆hKdqdz/Dco[] 投稿日:2013/01/16(水) 22:03:11 ID:kKw8k6kI0 [2/44]

    |┃                   ___
    |┃三           ,. ' ,二、´, - 、.:.`ヽ、
    |┃              /:.,. :. :. :.`´:. :. :. ヽ,:. :. :\
    |┃             / :. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ:. :. ヽ
    |┃          /: : /   ,  /, , i.    、 ヽ :. :.',
    |┃三          l:  i .. ../:. :!:.l:. l:.l:. :. :.、:..},:. }、:..:. l
    |┃            |:  !:. :.:!:. _l__li:. !:.ヽ、_:ヽ/:iニ'A:.:.:.!    よし、とりあえず時間や!
    |┃            |:. :.|:. :.ィ´:.!l:.l`、ヽ、くヽヽソl'/:. i:.:.|
    |┃            |:. :.|:. :.:lィT`ヾ  ` ィ'Tヾ、h:.: :i:.:!     投下始めるで!
ガラッ |┃三          |:. :.l:. :.:{ l´:::d     !´:::d },!'i:.: :!;!
    |┃三         l:. :.:!:. :.l. ゝ‐'  ,  `ー' ./∧:. l
    |┃三        l:. :.:ト、:.:l.、   r ┐   ./:/´:i:. !
    |┃          ヽ :.:!:.ヽ!:.ヽ、   ー' ,.ィ'´:/!:,i:,|:.,!
    |┃           ヽ:.!、:.i、トr‐L二二., キi;/ l/lノ|/
    |┃        ,,. -―ヽ! `―! l |  | l l ゝ 、
    |┃三_,.rー-''´ _ ノ            ,   ``ヽ、
    |┃  、   ノ´   , i´   、         (  -ヘ    ヽ_
    |┃  /´  ̄      ! r' 、 ノ      /´  /    l  '、
    |┃  _   _    i !   i          ! ,. ヽ     ヽ 〈、
    |┃   ` ー 、` ー l,r 丶 ノ       ,.〉  ノ     `! i
    |┃       `  ,l{   i          {   ,〈 i !       ! |i
    |┃三 _,. -‐ ' ´ !〉、  l         ,   ノ.`!     ヽ、ヽ
    |┃  ´      {´   /        /  /   l         i  !
    |┃三        !、  〉       ヽ , ヽ  l      {  }、
関連記事
       ・やる夫はロリモンマスターを目指すようです やらない夫の涙のポケモン旅日記 誰が為の涙編
       ・やる夫はロリモンマスターを目指すようです 第18話 『崩壊』
       ・やる夫はロリモンマスターを目指すようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-18 : やる夫はロリモンマスターを目指すようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー9 「一騎討ち(前編)」

608 名前:ゆーか!!、ゆーかちゃん!!。 ◆oLThju2rns[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 05:03:16 ID:tNQjfwtE0 [1/65]
久々に仁義なき戦いを見ましたが成田三樹夫はいい役者ですね。
ヒストリー9開始します。

609 名前:ヒストリー9 ◆oLThju2rns[] 投稿日:2013/01/14(月) 05:04:35 ID:tNQjfwtE0 [2/65]
     ',    i三ヨ| , i--'"   ____
      i     ヽ-i   ;, -ョョョ三三三三三三三≧ョュ、
      、_ _    ,-三l>≦三三三三三三≧ョョ、三三三≧ョュ、
        ヽ  ,〉≦:i三三三三三三三三三三三三≧ョョ、三三≧ョュ、
         j ,-',/三:l三三三三三三三三三三三三三三三≧ョ、◯ョ7
       ,-'; ィ  ≧-;、三三三三三三三三三三三三三三>
     /::::::', f    jヽ,::ヘ,_¨・ニ,ッニニニ斗ニニ。- ' ヘ´::::
    /:::::::::::::i y'  ,-':',:::::::::::`¨¨¨::::i::ヘ:::::::::::ヽ::ヽ、_, イ´:::´               牛の糞も段々があるんで!
  イ:::::::::::::::::7キ   i 7:::',:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                おどれとわしは五寸か!
/:::::::::::::::::::::::i〃   ',i::::::ハ : : : : : ::::ノ    : : :::::::::::::::::::: : :
::::::::::::::::::::::::::::ヽキ   i:::::i:ハ    ':::::ヘ、_ __
:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ’   l::::::i',:ヘ      ヽi -y'
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  .i、:::::::ヽヘ>⌒>-、____
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ヽ i::ヽ:::::/,,,,,<´          ̄`ヽ   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::i,   ヽフ /',iヽ\          , .<´
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、  i::〃:::::::ヽ',ヘ \__     _, ィ
関連記事
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー10 「一騎討ち(後編)」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー9 「一騎討ち(前編)」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー8 「約何回目のプロポーズ」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー7 「女々しい野郎どもの詩」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー6 「嘘つき古式と告られたネカマ」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー5 「新たなる仲間withあんた誰」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー4 「謎の脳内彼女X」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー3 「天使のような悪魔のゆーか」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー2 「正義なき抗争」
       ・やる夫は古式若葉と出会うようです ヒストリー1 「21世紀になっても」

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-18 : やる夫は古式若葉と出会うようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は運命の少女になるようです 第三十四話 「魔の森・中編」

277 名前: ◆P58B2nbe46[] 投稿日:2013/01/16(水) 21:02:11 ID:JY6RMBr.0

                    ┏┓                                ┏┓
                    ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                    ┏╋──────────────────────╋┓
                    ┃|     やる夫は運命の少女になるようです           |┃
                    ┗╋──────────────────────╋┛
                    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                    ┗┛                                ┗┛


                        ┌─────────────┐
                        │         ____       │  r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                        │       /      \      │ (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
|`丶、                       │     / ─    ─ \    │  X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
.l    `ヽ、                 │    /   (●)  (●)  \   │  ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
. |       \                     │    |      (__人__)     |     │  ィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
 l      lヘ               │    \     `⌒´    ,/     │ :{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
. |        | ∧           /   │    /     ー‐    \     │  !Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
.  !   > ' ´'., ∧         〃 ,.-‐:  └─────────────┘  乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
   <´    '., ∧        (/:´ : : ; : ' :__: : ‐-\          乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
   ヽ      '., ∧   ,. :':´ : : : : : :´ : : : _>ri `ヽ        イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「
      ヽ     '.,.∧  / : ; : ; : : : : : :_三三_ : | !: : :ヘ.       L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
        ヽ     '.,.∧:′/l :l /l /ハ 「      `ゝ l |:、ハ      ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
          ヽ    '.,∧ /: : /: |/ /l |       / :|λゝL   ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
         ヽ.    '.,∧ : : : : : :l'\       /芹ミ'|:`T´    //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
            ヽ.   '.,∧: : __|  \    /仆;リ 'l: : |.     イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
           ヽ   '.,ヘf二γl`芹冬ミ     ゞ'  }: ノ、           厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
             ヽ   '.,ヘニf |、代zリ,    ヽ   ,ル'ヽ ヽ
              ,.rヽ   '.,〉| l λ` ´  / ̄{  /l  〉 'ノ               ┏──────────────┓
            f フ/ 〃ヽ. /_,l ゝ-'、-、  ー‐' .イヽ 〈ヾ! 、                  第三十四話  「魔の森・中編」
           〈 〉l l:::| (二ゝ  l '´ノ;. ,ゝ=‐-イ l } ) ヽ' j ハ               ┗──────────────┛
          /l l | l:ハ|  | f'′/ハヽノ ヽ_>‐v-'ベ{_}ヾ  } {ヽ
関連記事
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十五話 「魔の森・後編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十三話 「魔の森・前編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-18 : やる夫は運命の少女になるようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やる夫は運命の少女になるようです 第三十三話 「魔の森・前編」


142 名前: ◆P58B2nbe46[] 投稿日:2013/01/15(火) 20:00:49 ID:4PfHhEX20

                    ┏┓                                ┏┓
                    ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                    ┏╋──────────────────────╋┓
                    ┃|     やる夫は運命の少女になるようです           |┃
                    ┗╋──────────────────────╋┛
                    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                    ┗┛                                ┗┛


                        ┌─────────────┐
                        │         ____       │  r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                        │       /      \      │ (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
|`丶、                       │     / ─    ─ \    │  X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
.l    `ヽ、                 │    /   (●)  (●)  \   │  ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
. |       \                     │    |      (__人__)     |     │  ィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
 l      lヘ               │    \     `⌒´    ,/     │ :{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
. |        | ∧           /   │    /     ー‐    \     │  !Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
.  !   > ' ´'., ∧         〃 ,.-‐:  └─────────────┘  乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
   <´    '., ∧        (/:´ : : ; : ' :__: : ‐-\          乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
   ヽ      '., ∧   ,. :':´ : : : : : :´ : : : _>ri `ヽ        イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「
      ヽ     '.,.∧  / : ; : ; : : : : : :_三三_ : | !: : :ヘ.       L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
        ヽ     '.,.∧:′/l :l /l /ハ 「      `ゝ l |:、ハ      ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
          ヽ    '.,∧ /: : /: |/ /l |       / :|λゝL   ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
         ヽ.    '.,∧ : : : : : :l'\       /芹ミ'|:`T´    //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
            ヽ.   '.,∧: : __|  \    /仆;リ 'l: : |.     イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
           ヽ   '.,ヘf二γl`芹冬ミ     ゞ'  }: ノ、           厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
             ヽ   '.,ヘニf |、代zリ,    ヽ   ,ル'ヽ ヽ
              ,.rヽ   '.,〉| l λ` ´  / ̄{  /l  〉 'ノ               ┏──────────────┓
            f フ/ 〃ヽ. /_,l ゝ-'、-、  ー‐' .イヽ 〈ヾ! 、                  第三十三話  「魔の森・前編」
           〈 〉l l:::| (二ゝ  l '´ノ;. ,ゝ=‐-イ l } ) ヽ' j ハ               ┗──────────────┛
          /l l | l:ハ|  | f'′/ハヽノ ヽ_>‐v-'ベ{_}ヾ  } {ヽ
関連記事
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十四話 「魔の森・中編」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 第三十二話 「白い馬に乗って」
       ・やる夫は運命の少女になるようです 目次

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-17 : やる夫は運命の少女になるようです : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

アクセスカウンター

最新記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

Twitter

Lc.ツリーカテゴリー

最新トラックバック

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やる夫劇団 のフィードメーター

フィードメーター - やる夫劇団
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。